資産運用に必要なものってどんなもの?最低限用意したい3つの項目

資産運用に必要なものって何かあるの?

もちろん必要なものはあるよ!今回は最低限必要な3つのものを紹介するね!

こんにちは、元銀行員ブロガーのカズ (@kazutano22)です!

最近の資産運用ブームに乗っかり、「よし、さっそく運用を開始してみよう!」ってなった時に、「あれ?そもそもまず何が必要になるんだろう?」って思ったことは、ありませんか?

私も、資産運用を始める時に「うわっ、ない!」となったものが、実際にありました。

ということで、今回のこの記事では、運用を開始する時に最低限必要になる3つの項目についてご紹介したいと思います!

運用をこれから始めようと考えている方は、ぜひ始める前にチェックしてみてください!

f:id:KazukiTanoue:20180816162446j:plain

 

これがないと諸々の口座が開けない!各種身分証

まず一番必要になるのが、本人確認書類と、マイナンバーカード(通知書)です。

これらの身分証がないと、資産運用を開始するのに必要な証券口座などを開設することができません。

f:id:KazukiTanoue:20180816164502j:plain

本人確認書類に関しましては、顔つきの身分証(運転免許証・パスポート・住基カード)などがあれば、1点で大丈夫な口座も多いです。

ただし、保険証などの顔がついていないものしか持っていない場合は、本籍地記載の住民票と合わせて提出することで本人確認ができる口座もあるので、それは各種口座を開設する際に、確認してみてください。

 

マイナンバーに関しては、カードでも通知カードでも基本は大丈夫です!

私の場合、通知カードしか持っていなかったのですが、ほとんど使う機会がないため、どこにあるか分からなくなってしまっていました(T . T)

私のような、おっちょこちょいは中々いないと思いますが、「あれ、どこにあるか分からない・・」となった人は、探しておくか、見つからない場合は、役所で再発行の手続きをしておきましょう!

再発行は500円でできまして、2週間程度で自宅に郵送されます。

 

ネット銀行の口座を一つ持っておくと入金が楽

運用口座に入金するときは、振込でもできるのですが、ネット銀行を使ったリアルタイム入金が非常に便利です!

もちろんネット銀行でなくても、今お使いの銀行口座のインターネットバンキングでも問題ありません。

f:id:KazukiTanoue:20180816173037j:plain

ちなみに私は、運用のための口座として「住信SBIネット銀行」を利用しております。

入金に関しては、24時間コンビニATMからも無料ですし、出金に関しても口座残高に応じて月数回まで無料になるので、入出金に手数料がほとんどかかりません!

もし、これから運用のための銀行口座を作るのでしたら、「住信SBIネット銀行」を、私はオススメしています!

公式サイトは下記から

住信SBIネット銀行 

 

今の運用系の口座は、ほとんどがリアルタイム入金(ネットバンキングで、銀行口座から運用口座にすぐに金額が反映される入金方法)が可能です。

なので、新しくネット銀行の口座を作るか、今お使いの銀行口座のネットバンキングに、申し込んでおくと良いでしょう!

 

一番必要なのは余裕資金 

資産運用で一番必要なのは、運用資金ですが、その資金の性質として、余裕資金(最悪なくなっても良いお金)を用意することが一番重要です。

私の経験でもそうですし、資産運用をしているたくさんの方の状況を見ても、余裕資金で運用をやらないとほどんど失敗します。

基本的に、運用は長期の目線(10〜20年スパン)で見るべきなのですが、余裕資金で運用をやらないと、「あー、今日も下がった」「急な出費でお金が必要になった」などで、すぐにお金を引き上げてしまって、結果的にマイナスで終わることが多いです。

そうならないためにも、生活費などとはは別の余裕資金で少しづつ始めることが重要です!

 

ちなみに、私が考える余裕資金というのは、働いている人なら6ヶ月分、働いていない人なら1年分の生活費を確保した上での、余っているお金です。

つまり、1ヶ月分の生活費が20万円だとしたら、働いている人なら120万円、働いていない人なら240万円を現金で用意した上で、残りの浮いているお金が余裕資金です。

まず、これだけの資金が用意できていない方は、まずこの余裕資金を貯金した上で、運用を開始するようにしてください!

 

必要なものが揃ったら”すぐ行動”を 

以上の3つが揃ったら、すぐにでも資産運用を始めることができます!

ただ、ここまで準備しても始める人って、実は1割もいないんです。

実際私も、資産運用を始めようと思いながら始めていない時期が、半年以上はありました。

ただ、私は半年以上かかって始めたからまだ良いものの、もしかしたらこのまま一生始めない可能性も十分考えられました。

 

資産運用は始める時期が、若ければ若いほど良いと言われます。

資産運用は、複利の力を使って、どんどん資金を増やしていくので、当然早く始めた方が、得になります。

複利の力は時間が長くなればなるほど、効果を発揮します。

下の表は、資金10万円を毎年、年率5%で複利運用した際の、資金の伸び率です。

f:id:KazukiTanoue:20180816185202p:plain

この表を見て頂ければ、複利の力が時間の経過によって、どれだけ威力を発揮するのか、よく分かると思います!

この検証では、10万円でやってみましたが、これが100万円、1000万円となるとどうでしょうか?

15年目で約2倍になっているので、100万円、1000万円なら200万円、2000万円になる計算です。

 

このように、すぐ動き出すというのは、複利の力を最大限利用することになるので、資産運用は早めに始めるのが良いとされています。

もしあなたが、すでに上で紹介した必要なものが揃っていて、すぐに動き出せるとしたら、ぜひ行動に移してみてください!

きっと、10年後、20年後のあなたに感謝されること間違いなしですよ。