ファーウェイ・雇用統計・逆イールド、たくさんの要因の元相場が悪くなっています【12月第2週運用報告】

元銀行員ブロガーのカズです。

 

今週は相場が悪くなるような要因が盛りだくさんでしたね…。

 

まず中国の大手スマホメーカーのファーウェイの副会長が、アメリカが経済制裁を加えているイランに対して、自社の製品を流していたとしてカナダで逮捕されました。

米中貿易戦争が解決の道が見いだせていない中、このような事件が起こると余計関係性が悪くなってしまいますよね。

 

また12月7日に発表された雇用統計では、市場の予想を下回る結果となり、これも下落要因となりました。

 

そして極め付けは、短期金利が長期金利を上回ってしまう逆イールド現象です。

この状態は、将来的に金利が下がることを示しており、景気後退の予兆としても知られています。

リーマンショックなどの前にも見られた現象です。

 

これらの要因もあり、相場がG20の前と変わらないくらいに下落してきました。

もしかすると、このまま景気後退に入ってしまう可能性もあるかもしれませんね…。

 

今週の総括は下記の通りです。

f:id:KazukiTanoue:20181209232136j:plain

トライオートETFのマイナスが大部分を占めていますが、トータル15万円超えのマイナスとなってしまってます。

個別に見ていきましょう。

 

f:id:KazukiTanoue:20181209233115j:plain

 

【トライオートETF】株価下落の波をもろに受けております

f:id:KazukiTanoue:20181209233410j:plain

一番下落していた今年の11月と同じ水準まで戻ってきてしまいました。

このまま行くと、ロスカットされることも視野に入れておかないといけません。

 

トライオートETF(ナスダック100トリプル)の運用に関しては、かなり間違った運用方法をやってしまっていました。

 

トライオートETFの「ナスダック100トリプルシリーズ」は、

  1. 短期決戦
  2. 稼働するタイミングを見極める
  3. ロスカットも視野に入れる

この3つをしっかり頭に入れた上で、取り入れるようにしてください。

参考:相場暴落で見えた「ナスダック100トリプル」運用の反省点をまとめてみた

 

【スワップ運用】為替への影響はまだ限定的です

f:id:KazukiTanoue:20181209234206j:plain

f:id:KazukiTanoue:20181209234220j:plain

今週のスワップ運用での利益は539円でした!
 

南アフリカランドに関しては、市場の諸々の影響を受けて少し下落しましたが、株式市場に比べると影響は限定的でした。

 

逆にメキシコペソに関してはいい感じに下がってきているので、仕込むチャンスでもあると思っています。

個人的には「5.0から5.3」付近で仕込みたいと考えているので、もう少し下がってきたら少し仕込みたいと考えています。

 

メキシコペソは値動きがあまり大きくなく、それでいて高金利の通貨なので、私的には新興国通貨の中では一番気に入っています!

格付けも悪くないですしね。

 

メキシコペソ10万円分を運用すると、10年でどれくらい増えるかのシミュレーションもしていますので、合わせて読んでみてください!

とても魅力的な結果となっています。

参考:メキシコペソを10万円の資金で運用するとどれくらいの利益が望めるか?

 

【FTSE100】世界的な株価下落の波の影響を受けています

f:id:KazukiTanoue:20181209235217j:plain

今週のFTSE100からの利益は-203円でした。

今週は配当がほとんどなかったので、金利分でマイナスとなってしまいました。

 

ただ1年のトータルで見ると、2万円以上の配当収入が見込めるので、これからも積み上げていこうと考えています。

 

イギリスの株価指数である「FTSE100」は、”くりっく株365(取引所CFD)”の仕組みで買うことで、配当を受け取ることができますし、資金のレバレッジを活かして、配当利回りを12%以上出すことが可能です。

参考:【配当利回りが違う?】私が個別株ではなく”FTSE100”を運用する理由

 

複利とレバレッジの力を使って効率の良い運用が可能なので、”配当収入を得たい”と考えている方は、ぜひ取り入れて欲しい運用方法です!

 

【ウェルスナビ】株式部分の下落が大きくなっています 

f:id:KazukiTanoue:20181210000129j:plain

今週のウェルスナビの含み損益は-7326円でした。

 

私の設定は一番リスク許容度の高い設定になっているので、株式の比率が多くなっています。

ただ、リスク許容度を下げた運用を行っておけば、今利益が出ている「債券・金・不動産」などの比率が高くなるので、今もあまり含み損を抱えていなかった可能性もありますね。

 

今から始める人は、リスク許容度を下げた設定にすれば、堅実な運用が可能になるかもしれません。

私自身もうまく相場が上がったタイミングで、設定をディフェンシブなポジションに変えてみようと考えています。

 

12月第2週運用報告まとめ 

f:id:KazukiTanoue:20181209232136j:plain

 この含み損を見ていると、つくづく始める時期があまり良くなかったなと感じています。

 

ただ重要なのは、どれだけ利益が積み上がっているかです。

「スワップ」や「FTSE100」の累計利益の部分は、すでに確定した利益です。

 

逆に含み損益はまだ確定していない損益なので、これから変化する可能性があります。

ここしばらくはマイナスになる可能性が高いとは思いますが、また相場が上向けばマイナスは小さくなります。

 

累計利益の部分だけ見れば、始めてから4ヶ月くらいでとても素晴らしいパフォーマンスを出しているのが分かります。

 

なので、資金管理をしっかりした上で、これからもうまく下がったタイミングで仕込んでいきたいと思います。

 

それにしても、景気後退のタイミングって怖いですね。。