FRB議長が追加利上げについて慎重な姿勢を示したことで株価が戻ってきました【1月第2週運用報告】

元銀行員ブロガーのカズです!

 

パウエルFRB議長が追加利上げについて、慎重な姿勢を示したことで株価は堅調に推移しています。

為替に関しては、私が投資している「南アフリカランド」「メキシコペソ」の2通貨は強い推移をしています。

 

ここまで上がると、余計先週大きく下げた時に拾えなかったことが悔やまれます…

含み損が大きく減ったので良しとしておきましょう。

 

今週の総括です。

f:id:KazukiTanoue:20190113231406j:plain
それでは個別に見ていきましょう。

 

f:id:KazukiTanoue:20190113230821j:plain

 

【スワップ運用】ランドもペソも堅調な動きを見せた1週間でした

南アフリカランド

f:id:KazukiTanoue:20190113231530j:plain

メキシコペソ

f:id:KazukiTanoue:20190113231557j:plain

今週のスワップ運用の利益は441円でした。

 

今週は先週の急落から一転して、ランドもペソも堅調な動きを見せていました。

 

着実にスワップポイントが貯まってきているので、とても見ていて楽しいですね!

これからも、安値で拾って積み上げていくつもりです。

 

当サイトでは、新興国通貨に関しては特に【メキシコペソ】を推しています。

他の新興国通貨に比べると格付けも高いですし、値動きも比較的小さいので、レバレッジを低く保って運用するのにはとても適している通貨です。

 

10万円でメキシコペソを運用すると、どのように配当(スワップポイント)が増えていくのかシミュレーションした記事がありますので、合わせて読んでみてください!

参考:メキシコペソを10万円の資金で運用するとどれくらいの利益が望めるか?

 

【FTSE100】サポートラインと予想していた7000ポイントで反発しました

f:id:KazukiTanoue:20190113232423j:plain

今週のFTSE100の利益は-232円でした。

 

1月は1年の中でもFTSE100の配当が一番低くなる月なので、我慢の時期ですね。

2月は1年の中でもFTSE100の配当が一番高くなる月の一つなので、楽しみにしたいとお思います!

 

個人的にサポートラインだと思っていた7000ポイントで反発しましたね。

ただ、世界景気的には後退期に入っていると考えているので、買うのは一旦控えておこうと思います!

 

私は『FTSE100』を【くりっく株365】を使って買っております。

理由は、

  1. FTSE100というイギリスの株価指数にインデックス投資できる
  2. レバレッジをかけることで配当利回りが約12%になる

からです。

参考:【配当利回りが違う?】私が個別株ではなく”FTSE100”を運用する理由

 

【ウェルスナビ】株価が戻ってきたので含み損も減りました

f:id:KazukiTanoue:20190113233409j:plain

今週のウェルスナビの含み損益は-11031でした。

 

大きくマイナスになってしまっていますが、このまま放置で運用していこうと思います!

 

ウェルスナビは、入金してリスク許容度(どれくらいのリスクに耐えれるか)を選ぶだけで、勝手に銘柄を選んでくれるので、投資初心者の方にはとてもオススメの運用先となっています。

 

10万円から運用可能で、出金も3営業日でできますので、リスク低めで運用を始めてみたいという方はぜひ検討してみてください!

参考:へそくりで始める資産運用】元銀行員がオススメする最も適した方

 

1月第2週運用報告まとめ

 

今週は株価、為替共に堅調な動きをしており含み損が久しぶりに大きく減ったので嬉しい週となりました。

 

ただ、2019年は基本的には下げ基調となる気がしているので、レバレッジ商品に関しては資金管理だけしっかりして、ロスカットしないようにしたいと思います!

 

それでは来週も頑張っていきましょう。