くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDの違いとは?長期投資は取引所CFDを使いましょう!

元銀行員ブロガーのカズです!

 

株価指数(日経225やNYダウなど)をレバレッジ取引するときに使える仕組みとして、くりっく株365(取引所CFD)と(店頭CFD)があります。

 

私はくりっく株365(取引所CFD)を使ってイギリスの株価指数である「FTSE100」に投資をおこなっています。

ただ、多くの人にとっては同じ名前(CFD)が付いていて、違いがあまり分からないと思います。

 

そこで今回の記事では、(取引所CFD)と(店頭CFD)の違いを解説し、どのように使い分けていけば良いかを説明していきます。

 

レバレッジと上手く付き合えば大きな利益を狙える商品なので、ぜひ勉強してみてください!

 

f:id:KazukiTanoue:20181124180008j:plain

 

取引所CFDは長期投資に向いています!店頭CFDは短期投資に向いています!

私は長期投資を資産運用の基本としているので、取引所CFD(くりっく株365)を利用しています。

 

なぜそのような違いが生まれるかは、下記のような違いがあるからです。

f:id:KazukiTanoue:20181124182621j:plain

一番注目すべき点は、黄色の色がついた「為替の影響」「スプレッド」「配当金」です!

 

為替の影響を受けない方が長期投資には向いている

長期投資では基本的に、その指数が上がるか下がるかを判断して投資をします(もちろん右肩上がりの指数に投資すべきです)。

 

「その指数が上がるかどうか」と「為替がどう動くか」という2つの影響を考えながら投資をするのは、とても面倒になります。

なので、同じCFDでも長期投資を考えているのなら、取引所CFDを選んだ方が良いです。

 

スプレッドは狭いほうが短期投資には向いている

スプレッドとは、証券会社が設定している価格差のことです。

買うときには通常の価格より高く設定してあり、売るときには通常の価格より低く設定されているので、取引を開始した瞬間は含み損が発生した状態で始まります。

 

NYダウで説明すると下記のような違いが出ます。

f:id:KazukiTanoue:20181124185804j:plain

このように、取引所CFDではスプレッドは広く設定されており、店頭CFDでは狭く設定されています。(取引所CFDは岡三オンライン証券、店頭CFDはGMOクリック証券のスプレッドを採用しています)

 

CFDでは基本的に100単位からの取引になるので、スプレッド×100が取引スタート時にマイナスでスタートします。

 

短期で売買する時は、月に複数回取引することがあります。

そのたびにこのスプレッド分が取られてしまうので、当然少ないほうが良いですよね。

 

なので短期投資には、店頭CFDのほうが向いています!

 

長期投資においても、スプレッドは当然狭いほうがいいですが、次で説明する配当の有無があるので長期投資には「取引所CFD」が向いています。

 

配当金の受け取りがあるほうが長期投資に向いている

長期投資をする上で配当が貰えるなら、貰えたほうが遥かに有利になりますよね!

 

店頭CFDでは、一部配当が貰える商品もありますが、基本的には配当金を受け取ることができません。

そして、取引所CFDでは「日経225」「NYダウ」「FTSE100」の3銘柄で配当を受け取ることができます!

 

短期投資では、配当が受け取れようがなかろうが、そもそも数日から数週間くらいしか持たないので配当を受け取ることがほとんどできません。

 

なので、配当があるかどうかはそこまで関係がないので、手数料が低い店頭CFDを選ぶほうが有利になります。

 

長期投資では、数年から数十年保有することになります。

なので、配当があるほうが圧倒的に有利ですよね。

よって、取引所CFDのほうを選ぶほうが賢い選択になります。

 

「取引所CFD」と「店頭CFD」はどのような場面で使うか?

1年以上買いポジションを持つなら取引所CFD(くりっく株365) 

先ほども説明したように、買いの長期投資をするときは配当金を受け取れる取引所CFD(くりっく株365)を利用したほうが有利です。

 

1年以上買いポジションを持つ場合は、スプレッドでマイナスになる部分を勘定に入れても、配当金でもらえる金額のほうが大きくなります。

なので、1年以上の買いポジションを持つ場合は取引所CFDを使うようにしましょう!

 

数日から数週間の取引・売りポジションを持つなら店頭CFD 

短期の売買であれば、手数料(スプレッド含む)が低いに越したことはありません。

よって店頭CFDを選ぶほうが有利になります。

 

また売りポジションを持つ場合も、店頭CFDを利用したほうが有利なことが多いです。

売りのポジションを長期で持つということは現実的ではないので、基本的には短期で持つことになるからです。

 

なので、売りのポジションを持つときも店頭CFDを利用するようにすると良いでしょう。 

 

取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの違いまとめ 

資産運用と言えば「何か商品を買って持っておく」というイメージを持っている人は多いかと思います。

 

そのイメージに適した運用方法は取引所CFD(くりっく株365)であり、レバレッジを上手く使えば配当利回りも個別株より良くなります。

参考:【配当利回りが違う?】私が個別株ではなく”FTSE100”を運用する理由

 

ただし、世界的に景気が後退するタイミングでは、買いポジションを持っているだけだと、大きく資産を失う可能性があります。

 

そうならないためにも、売りで入る準備もしておいた方が良いと私は考えています。

その際には店頭CFDを使ったほうが有利になるので、一緒に口座を持っておくと良いでしょう! 

 

取引所CFD(くりっく株365)を運用できるオススメの証券会社

私は、取引所CFDを「岡三オンライン証券」で運用中です。

岡三オンライン証券は、手数料が業界でもトップクラスに安く、なおかつスマホアプリも大変使いやすくて、とても気に入っています( ^ω^ )

岡三オンライン証券 くりっく株365】公式ページ

 

実際に岡三オンライン証券で、くりっく株365の口座を開設し、私も運用している「FTSE100」の運用を始めるまでの流れをまとめました!

合わせて参考にしてください!

参考:岡三オンライン証券で口座開設し【FTSE100】を買うまでを写真で解説