くりっく株365で買える4つの銘柄から初心者はどれを選ぶべきか?

くりっく株365で買える銘柄は全部で4つあるけど、どれを買うのがいいの?

投資初心者にはイギリスの株価指数であるFTSE100が必要証拠金が少なくてオススメだよ!

こんにちは、元銀行員ブロガーのカズ(@kazutano22)です!

くりっく株365とは、株価指数証拠金取引(CFD)の愛称として、東京金融取引所が定めたものです。

 

FXが為替に対して、レバレッジをかけて、少額でも大きな取引ができるように、くりっく株365では、レバレッジをかけて、株価指数を取引することができます!

その最大のメリットは、指数に投資をしながら、株式投資のように配当金をもらえる点です!

ちなみに、現在日本では4つの株価指数に対して投資をすることができます!

  • 日経225(日経平均株価)
  • NYダウ(アメリカ)
  • DAX(ドイツ)
  • FTSE100(イギリス)

以上の4つです!

 

投資初心者の方で、いざくりっく株365に投資をしようと思って、「どれを買うのが一番お得なんだろう?」という疑問を持った方は、多いかと思われます。

結論から言うと、イギリスの株価指数である「FTSE100」を買うのが、初心者には一番オススメです!

なぜFTSE100を買うのが一番お得なのか?ということを、この記事では説明していきます!

これから配当狙いの投資を考えている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

f:id:KazukiTanoue:20180821164256j:plain

 

くりっく株365で買える4銘柄の必要証拠金を比べてみる

-必要証拠金とは-

その銘柄を1枚買うのに、最低限必要な資金のことです。くりっく株365は証拠金取引(CFD)のことなので、このような言い方になります。
最低1枚を保有していないと、配当を受け取ることができません。

必要証拠金が高いということは、それだけ1枚買うのに、お金が必要になるということです。

投資初心者の方は、最初はそこまで資金も潤沢にないことが多いので、この必要証拠金が少ないことに越したことはないです!

2018年8月時点での必要証拠金は下記です。

f:id:KazukiTanoue:20180821165232p:plain

このようにFTSE100は、必要証拠金が一番低いので、投資初心者にも始めやすい投資と言えます!

(※ただし、この数字は必要最低限の資金なので、実際はもっと資金を用意しておかないといけません。用意する資金が少ないとすぐにロスカット(強制決済)してしまうので、気をつけましょう!)

 

4銘柄それぞれの配当金量を比べてみる 

くりっく株365(株価指数CFD)に投資する一番の旨味は、配当金をほぼ毎月受け取れる点にあります。

そして、いくら必要な証拠金量が低いからと言って、配当金が少ないようでは、投資する意味がありません!

 

ここでは、4銘柄の配当金量を比べていきます。

ちなみに、直近の2017年8月〜2018年7月までの配当金量で比べたものが、下記になります!

f:id:KazukiTanoue:20180821174035p:plain

(※くりっく株365の銘柄は、買いポジションの場合は、金利相当分がかかる場合があります。逆に売りポジションの場合は、金利相当分を受け取り、配当分を支払う形になります。)

この検証では、DAX以外では利益が出ていることが分かります!

一見、日経225が一番利益が出ているように見えますが、私がFTSE100をオススメする理由は、次の理由からです!

 

必要証拠金と配当金の割合で比べてみる

先ほどの検証で、配当金と金利相当分の差で一番利益が出ているのは、日経225でした。

それでは、今回は必要証拠金に対してどれだけ配当金が出ているかを比べていきます。

この比較を行うことで、実質の年率を算出することができます

(ただし、価格の上下は考慮に入れていませんので、ご了承ください。)

先ほどと同じく、直近の2017年8月〜2018年7月までの配当金量での比較です。

f:id:KazukiTanoue:20180821175522p:plain

この比較から分かるように、配当金相当分の必要証拠金における割合でみると、FTSE100がダントツでいいことが分かります!

(NYダウ、DAX、FTSE100に関しては、2018年に入ってから金利相当分がかかるようになっているので、これからの年率はもう少し低くなると思われます)

この比較から、私はくりっく株365の中では、FTSE100をオススメしております!

 

必要証拠金が高い銘柄はその分必要な資金量も多くなる

くりっく株365は、証拠金取引(CFD)になるので、レバレッジをかけて投資できる商品になります。

ただ、私はこの「くりっく株365」の投資は、長期投資(10年スパン)を基本として運用すべき商品だと思っているので、 レバレッジを低く保つべきだと考えています。

レバレッジを低く運用するためには、それだけ口座に余裕資金が必要になります。

実際私は、今はFTSE100を1枚保有しているのですが、口座には20万円入れて投資を開始しました。(実際は上でも説明したように26000円あれば1枚買えます)

f:id:KazukiTanoue:20180821181758j:plain

上の写真は、今現在の私の口座の状況です!

有効比率が778%なので、一応安全圏かなという感じです。

これが、FTSE100の次に年率が良い、日経225に投資するとなると、同じ有効比率を保とうとすると、 

7.7817 = X ÷ 76000

X = 591409

つまり、約60万円の資金を入れて、同じ有効比率での投資ができる計算になります。

60万円あれば、私と同じ有効比率で運用する分には、FTSE100が3枚買えますかからね!(私は20万円を口座に入れた上で、1枚買っているので)

つまり、必要証拠金が低い上に、実質の年率が一番良いFTSE100を買うのが、現状は一番お得ということです!

 

FTSE100を運用できるオススメの証券会社

ちなみに私は、FTSE100を「岡三オンライン証券」で運用中です。

岡三オンライン証券は、手数料が業界でもトップクラスに安く、なおかつスマホアプリも大変使いやすくて、とても気に入っています( ^ω^ )

岡三オンライン証券 くりっく株365】公式ページ

 

実際に岡三オンライン証券で、くりっく株365の口座を開設し、実際にFTSE100の運用を始めるまでの流れをまとめました!

合わせて参考にしてください!

参考:岡三オンライン証券で口座開設し【FTSE100】を買うまでを写真で解説

 

くりっく株365は長期投資との相性が良い

上で説明したように、くりっく株365の特にFTSE100の投資は、長期投資と相性が大変良いです。

持ち続けていれば、配当がもらえる上に、基本的には世界経済と連動するような指数に投資するので、値上がり益も狙えるからです。

世界経済は基本的には、右肩上がりで伸びています。(定期的にリーマンショックなどの暴落はあります)

なので、これから長期で何か投資商品を保有しようと考えている人には、自信を持ってオススメできる商品になります!

私自身これからも、余裕資金ができる度に、追加で積み立てていく予定です。

余裕資金を銀行に遊ばせている、という人はぜひ一度ご自身で調べてみてください!