くりっく株365でFTSE100を低レバレッジで運用するための資金設定は?

元銀行員ブロガーのカズです!

 

今回の記事では、くりっく株365でFTSE100を低レバレッジで運用する資金設定を解説します。

 

くりっく株365は世界の有名な株価指数(日経225、NYダウ、DAX、FTSE100)にレバレッジをかけて投資できる仕組みです。

なので、ロスカットしないための資金設定はとても大事です。

 

ちなみに私は、その中でも一番配当利回りの良い「FTSE100」(イギリスの株価指数)に現在投資をしています!

参考:くりっく株365で買える4つの銘柄から初心者はどれを選ぶべきか?

 

資産運用におけるレバレッジの考え方は、投資初心者には少し分かりづらい概念です。

今回の記事を上から順に読めば、初心者の人でも「FTSE100」をなるべく安全に低レバレッジで運用する方法が分かるようになっています。

 

ちなみに結論としては、1枚のFTSE100につき20万円を口座に用意できればOKです!

その理由を解説していきます。

 

f:id:KazukiTanoue:20181012063055j:plain

 

くりっく株365の1枚は100単位からの取引

くりっく株365でFTSE100や日経225を1枚取引するというのは、100単位からのスタートになります。

実際の取引画面を見てみましょう!

ちなみに、私はくりっく株365の取引を「岡三オンライン証券」でおこなっていて、「FTSE100」を1枚運用中です。

 

f:id:KazukiTanoue:20181012180314j:plain

右が「FTSE100」の注文画面になるのですが、これを1枚買うというのは、7488円のFTSE100を100単位、つまり748800円分のFTSE100を買うのと同じということになります。

つまり、私は70万円以上のFTSE100を運用中ということになります。

 

ただし実は、私はこの口座には20万円の資金しか入れていません。

それでは、なぜ20万円の資金しか入れていないのに、70万円以上の取引ができるのでしょうか?

 

その答えはレバレッジをかけているからです!

 

くりっく株365はレバレッジをかけることで手持ち資金の25倍まで運用可能

このレバレッジをかけておこなう取引のことをCFD(差金決済取引)と言うのですが、日本におけるCFDの上限は、個人の取引では手持ち資金の25倍までOKとされています。

くりっく株365もCFD商品で、他に代表的なCFD商品と言えば、FXもCFD商品になります!

 

つまり、私は20万円の資金にレバレッジをかけて取引をしているので、約75万円の取引ができているということです。

ちなみに、75万円の取引を20万円でおこなう場合は、75÷20=3.75なので、「3.75倍のレバレッジをかけてFTSE100を運用している」と言うことができます。

 

最大25倍までかけれるのですが、少し控えめの3.75倍に設定しているわけです。

それでは、「なぜ私が75万円の取引に対して、20万円の資金を用意しているか?(なぜ3.75倍なのか?)」を解説していきます。

 

どれだけの下落に耐えれるかで用意する資金を決める

私が約75万円の取引に対して、20万円の資金を用意している理由は、20万円を入れておけば大きな相場の下落でもある程度耐えられると考えているからです。

 

それを説明するために、今度はFTSE100の「2007年から2018年の約10年」のチャートを見てみましょう。

f:id:KazukiTanoue:20181012185924j:plain

一番左に見える大暴落が、かの有名なリーマンショックです。

またこんな大暴落が来ないことを祈るばかりです。

 

このチャートから、FTSE100は基本的には右肩上がりだけど、リーマンショック以外にも数年に1回下落をしてる局面があるのが分かると思います。

 

私が75万円のFTSE100を20万円で運用しているのは、この数年に1回の下落を耐えれる数字として設定したためです。

 

それでは、このチャートに少し線を加えます。

(少し見ずらいですが、大事な内容なので、しっかり見て欲しいですm(_ _)m)

 

f:id:KazukiTanoue:20181012190821j:plain

まず私は、実際はFTSE100を7700円台で購入しているので、20万円の資金で下落に耐えれる幅は赤い線で囲っている5700円位までとなります。

(つまり77万円くらいのFTSE100を買っているので、下落できる幅は57万円位までということです。)

 

そして、リーマンショック以降の一番大きな下落は、2015年から2016年に起きた下落で、青い線で囲っている1500円くらいです。

(つまり15万円分の下落)

この下落には耐えたいということで2000円の下落まで耐えれる20万円という資金を設定しました。

 

つまり、リーマン以降の大きな下落に耐えるには15万円くらいの資金が必要だったので、少し余裕を持って20万円で1枚購入しているということです!

 

ちなみにリーマン級の下落に耐えるには、一番左の緑で囲っている下落のように約3000円の下落に耐えなければなりません。

つまり口座に30万円以上の資金を用意する必要があります。

 

ここまでの資金を口座に入れることは、投資効率が悪いと思いましたので、私は20万円で設定しました。

 

ちなみに20万円以上の下落が起きそうなときは、口座に追加の資金を入れることで買いポジションを維持することができます。

 

20万円でFTSE100を1枚買った時の利回りはどれくらい? 

直近2017年10月から2018年9月までの「FTSE100」の1枚あたりの配当が下記のようになります!

f:id:KazukiTanoue:20181012194351j:plain

つまり、20万円で1枚運用すれば配当利回りは、

24193÷200000×100=12.09%

となります!

 

これだとかなり良い利回りになると個人的に思っています。 

 

FTSE100低レバレッジ運用まとめ 

今回紹介したように、比較的安全に運用をしたとしても年率で12%相当を狙える「 FTSE100」はかなり良い投資先だと個人的に感じています!

 

さらにチャートからも分かるように、基本的にFTSE100は右肩上がりの指数です。

つまり長期で持てば、値上がり益(キャピタルゲイン)も狙える商品になっています。

f:id:KazukiTanoue:20181012195322j:plain

 

値上がりも狙えて、年率10%以上の配当も望める商品はそうないと考えているので、長期で運用する先としては非常に魅力的だと思っています!

 

もし今回の説明を聞いて、少しでもくりっく株365でのFTSE100運用に魅力を感じましたら、ぜひ資産運用の一つとして取り入れてみてください。

 

FTSE100を運用できるオススメの証券会社

ちなみに私は、FTSE100を「岡三オンライン証券」で運用中です。

岡三オンライン証券は、手数料が業界でもトップクラスに安く、なおかつスマホアプリも大変使いやすくて、とても気に入っています( ^ω^ )

岡三オンライン証券 くりっく株365】公式ページ

 

実際に岡三オンライン証券で、くりっく株365の口座を開設し、実際にFTSE100の運用を始めるまでの流れをまとめました!

合わせて参考にしてください!

参考:岡三オンライン証券で口座開設し【FTSE100】を買うまでを写真で解説