くりっく株で日経225を買うのはアリ?FTSE100と運用比較してみた

元銀行員ブロガーのカズです!

「くりっく株365で利益率が高いのはFTSE100だけど、日経225を買うのはどうなんだろう?」

こんな疑問を持ったことはありませんか?

 

実際私は、利益率の観点からFTSE100に投資をしています!

これに関しては「くりっく株365で買える4つの銘柄から初心者はどれを選ぶべきか?」の記事で検証しているので、ぜひ読んでみてください!

 

ただ、最近FTSE100は去年から金利相当分がかかるようになり、配当は魅力的なのですが、引かれるものも多くなっているのが現状です。

そこで今回の記事では、くりっく株365で日経225に投資をした場合と、FTSE100に投資した場合、どれくらいの差が出るのか比較検証していきたいと思います!

 

f:id:KazukiTanoue:20180915175340j:plain 

 

日経225とFTSE100を運用比較の前提条件

  • 両方とも配当に関しては2017年9月〜2018年8月のデータを元にする
  • 金利相当分に関しては、FTSE100が2017年12月からかかるようになっているので、直近3ヶ月(2018年6〜8月分)の平均を金利相当分として引くことにする
  • 両方とも運用するのは1枚とする
  • 日経225は累計配当が50万円で1枚、FTSE100は20万円で1枚追加購入する
  • この状態で20年運用した場合の比較を出す

このような前提条件で検証を行います!

なお、日々配当や金利相当分は変わっていくものなので、必ず今回の検証のような成績にはならないので、その点はご了承ください。

上記の条件をまとめると、以下のような数字になります!

f:id:KazukiTanoue:20180915183619j:plain

※今回の数字は、私が運用で利用している岡三オンライン証券の数字を利用しています。

 

比較する前提条件の補足説明 

前提条件の部分で日経225の追加購入は50万円で1枚、FTSE100は20万円で1枚ということにしましたが、その理由を説明します。

 

下記のチャートは日経225の直近の月足になります!

f:id:KazukiTanoue:20180915224924j:plain

過去10年を見てみると、リーマンショックを除く一番の下落は2015年から2016年に起きた5000ポイントの下落です。

これをロスカットしないようにするためには、最低でも50万円は口座に必要になるので、日経225は50万円で1枚追加購入としました。

 

そしてFTSE100に関しては、20万円を口座に入れておけばこの下落を耐えられることを、「くりっく株365でロスカットに耐えれる証拠金を検証してみた【FTSE100】」の記事で検証していますので、その理由で20万円で1枚追加購入としました。

 

比較運用結果 

f:id:KazukiTanoue:20180915190730j:plain

20年目だけを見ると、累計配当額は1067836とFTSE100の780862の累計を286974円上回りました!

 

比較検証の考察 

累計金額だけで見ると、日経225の方が配当が多いように見えますが、必要証拠金をから利益率を計算すると、倍以上の差をつけてFTSE100が勝っています!

単純に必要証拠金で比較すると、FTSE100は日経225の約3分の1なので、日経225を1枚運用するのと同じ金額で運用すると、FTSE100は3枚運用可能です。

 なので20年目の累計額は単純に3倍になります!

 

さらに3枚を同時に運用すると、積み上がる速度も上がって追加購入の速度も上がります。

すると、さらに複利の効果が働いて、おそらく3倍以上の累計額になると思います!

 

そもそも1年目の利益率が、日経225が50.1%なのに対して、FTSE100は79%です。

それが複利で10年運用されると、1405%と3003%と約倍の差が出る結果となりました!

やっぱり複利運用の力ってすごいですね♪( ´▽`)

 

「日経225」vs「 FTSE100」運用比較まとめ

今回の結果はある程度は予想はついていたのですが、改めて10年スパンで見ると成績が全然違うことに驚きました!

私はこのブログを通してずっと、FTSE100を買う方が利益率が良いということを説明してきました。

ただ取引数量で言うと、圧倒的に日経225やNYダウの方が多いです。

f:id:KazukiTanoue:20180915230515j:plain

(東京金融取引所より引用

https://www.tfx.co.jp/historical/cfd/transit_cfd.html

) 

ちょっと計算したら利益率はFTSE100の方が良いのに、この取引量には正直びっくりしています。

 

ただ、NYダウは数年前までは金利相当分がかかっていなかったので、利益率が良い銘柄でした。

それが、金利相当分がかかることにより、一気に利益率が悪い銘柄になってしまいました。

今後FTSE100でも金利相当分がよりかかるようになれば、また利益率は変わってきます。

なので動向をしっかり見ながら、今後も着実にFTSE100を積み立てていきたいと思います! 

 

FTSE100を運用できるオススメの証券会社

ちなみに私は、FTSE100を「岡三オンライン証券」で運用中です。

岡三オンライン証券は、手数料が業界でもトップクラスに安く、なおかつスマホアプリも大変使いやすくて、とても気に入っています( ^ω^ )

岡三オンライン証券 くりっく株365】公式ページ

 

実際に岡三オンライン証券で、くりっく株365の口座を開設し、実際にFTSE100の運用を始めるまでの流れをまとめました!

合わせて参考にしてください!

参考:岡三オンライン証券で口座開設し【FTSE100】を買うまでを写真で解説