くりっく株365運用の完全マップ|知識ゼロ→安心して配当を受け取るまで

くりっく株365を運用する上で、最低限知っておくべき商品の性質についてまとめました。

 

『くりっく株365ってそもそも何?』という人から『くりっく株365の運用を始めたけど、イマイチ商品の性質が分からない』といった方向けのまとめ記事になります!

 

この記事を上から順に読んでいくことで、

  • くりっく株365がどういう商品なのか知ることができます
  • くりっく株365で選ぶべき銘柄について知ることができます
  • どういう点に気をつけて運用すべきかを知ることができます

 

くりっく株365はまだ世間からの認知度はかなり低い商品ですが、逆に認知度の高いFXや個別株などと比べると、初心者の人でも始めやすく、馴染みやすい商品だと私は感じています。

実際私もかなり好きな商品です。

 

それでは、下記より気になる記事から読み進めていってみてください。

 

f:id:KazukiTanoue:20180930181906j:plain

 

くりっく株365の商品知識編:どういう商品なのか理解しよう!

 くりっく株365の運用を始めるなら、まずは『どのような商品なのか?』を把握しなくてはなりません。
下記の2本の記事を読むことで、くりっく株365がどのような商品なのかを理解することができます。

 

f:id:KazukiTanoue:20180929214416j:plain

「くりっく株365に投資することで、どのようなメリットがあるのだろう」←このような疑問に答えます。本記事の内容

  1. くりっく株365の取引画面を実際に見てみる
  2. 配当がどれくらい受け取れるか見てみる
  3. くりっく株365はどのような人に向いているか?
  4.  私の今後のくりっく株365の運用方針

という流れで解説しています。 

 

f:id:KazukiTanoue:20180901150831j:plain

「くりっく株365は株式投資や投資信託とどのような点が違うのか?」←このような疑問に答えます。本記事の内容

  1. 現物取引とCFD(差金決済取引)の違いを理解する
  2. くりっく株はロスカットの可能性があることを理解する
  3. レバレッジをかけれることの意味を知る

という流れで解説しています。

 

くりっく株365の銘柄選び編:利回りの良い商品を選ぶ!

くりっく株365では、4つの銘柄を選ぶことができます。

「日経225」「NYダウ」「DAX」「FTSE100」の4種類です。

下記の2記事を読むことで、『4つの銘柄のうちどの銘柄を選ぶべきか?』ということを理解することができるようになります。

 

f:id:KazukiTanoue:20180821164256j:plain

「くりっく株365の中で一番利回りの良い銘柄がどれ?」←このような疑問に答えます。本記事の内容

  1. 4つの銘柄を運用するときの最低証拠金を比べる
  2. 4つの銘柄の直近1年間の配当量を比べる
  3. 最低証拠金と配当量から利回りを比べる

という流れで解説しています。

 

f:id:KazukiTanoue:20180915175340j:plain

「くりっく株365でFTSE100と日経225を運用すると、どれくらいの差が出る?」←このような疑問に答えています。本記事の内容

  1. それぞれ1枚で20年運用した場合の差を計算
  2. 比較結果の考察

という流れで解説しています。

 

くりっく株365の運用方法編:運用する上での注意点を把握しよう!

くりっく株365はレバレッジをかけれる商品になるので、運用する際には注意点がいくつかあります。

私はくりっく株365で運用する際は、低レバレッジで運用することを徹底しています。

その低レバレッジで運用する方法を、下の2記事で解説しています。 

 

f:id:KazukiTanoue:20180817025002j:plain

「FTSE100を1枚買うときの適切な資金量ってどれくらい?」←このような疑問に答えています。本記事の内容

  1. FTSE100が過去リーマンショックの時にどれくらい下落したか検証する
  2. リーマンショックの下落幅から、適切な資金量を計算する 

という流れで解説しています。

 

f:id:KazukiTanoue:20180912194144j:plain

「FTSE100を10万円、15万円、20万円、25万円の資金で運用したら、どれくらいの下落幅まで耐えれるか?」← このような疑問に答えています。本記事の内容

  1. 10万円、15万円、20万円、25万円でどれだけの下落まで耐えれるか計算する
  2. 耐えれる下落幅を元に、適切な口座資金量を検証する

という流れで解説しています。