くりっく株365でFTSE100を1年前に買っていたら利益は出ていたか?

元銀行員ブロガーのカズです。

 

2018年10月、世界的な株安が進んでいます。

私がくりっく株365で現在保有している「FTSE100」に関しても含み損が3万円近く発生しています。(2018年10月25日現在)

 

ただ私は、くりっく株365の「FTSE100」運用は、長期投資を前提としておこなっているので、この調整局面くらいなら問題ないと思っています。

f:id:KazukiTanoue:20181025202423j:plain

とは言っても、不安になってしまうのが人間の性です!

 

ということで今回の記事では、1年前の同じ時期にFTSE100を1枚買っていれば、果たして現在で利益は出ていたのかを検証したいと思います。

 

最近の相場の下落で不安になっている人も多いと思いますので、今回の検証結果を読んで少しだけ「よし私の判断は間違っていない!」となってください!(少しネタバレ笑)

 

f:id:KazukiTanoue:20181025203657j:plain

 

FTSE100検証の前提条件を決める

今回検証するにあたっての前提条件として、下記を条件とします。

  • FTSE100を2017年10月25日に1枚買ったとする(当時の終値7467を採用する)
  • 現在のFTSE100の値は7460ポイントを採用する
  • 岡三オンライン証券で取引をする(スプレッドが42ポイント)

 

ちなみに、2017年10月25日から、2018年10月25日までのチャートが下記です。

f:id:KazukiTanoue:20181025205518j:plain

実はこの1年に2度の下落があって、今回の下落は2018年2〜3月にあった下落と比べればまだ大したことありません。

 

このチャートを見ただけで、なんとなく結果は分かってしまいますが(笑)、とりあえず実際の数字を出していきます。

 

FTSE100検証結果

まず差損益の部分を出します。

7460-7467=−7

で、取引単位は100単位からなので、

−7×100=−700円の損になります。

 

続いて、FTSE100には毎月配当が出ますので、その値を検証します。

2017年10月25日から、2018年10月25日までにもらえた配当は下記の通りになります。

f:id:KazukiTanoue:20181025211549j:plain

 つまり1年間の配当金は、24032円。

これにスプレッド分の−42ポイント(−4200円)を追加するので、

 

−700(差損益)+24032(配当)−4200(スプレッド)=19132円

 

これが、1年前にFTSE100を買っていた場合の現在の利益になります!

 

利益検証の考察

「FTSE100」はくりっく株365で運用できる銘柄の中でも、1番配当収益率が良いので、この結果になることはある程度予測できていました。

 

また、今回の検証期間の中には、2回の暴落(最近のは暴落レベルではないと思っていますが)が含まれていています。

下の2つの緑の矢印がそうです。

f:id:KazukiTanoue:20181025205518j:plain

1番下落していた2018年3月ごろでも、下落幅が最大でも1000ポイントくらいなので、10万円口座に入れておけば耐えれている計算です。

私は、「FTSE100」の買いポジションを持つ時は、口座に1枚につき20万円入れるよう促しているので、この下落でも問題なくロスカットはされません。

 

くりっく株365の長期投資では、「どれだけ下落に耐えれる設定にするか?」という考え方がとても重要です。

下記の記事では、くりっく株365の長期運用方法を分かりやすく解説していますので、合わせて読んでみてください!

参考:くりっく株365でFTSE100を低レバレッジで運用するための資金設定は?

 

くりっく株365のFTSE100運用は長期目線で

実は今回の検証はチャートを見れば、現在の価格との変化があまりなかったので、ちゃんと利益が出ることは分かっていました(確信犯です笑)

 

実際今回一番伝えたかったことは、目先の損ばかりに囚われないで、長い目でみることを忘れないようにしましょうということです!

 

このブログでは何回も見せているチャートですが、リーマンショック以降の「FTSE100」の過去10年のチャートです。

f:id:KazukiTanoue:20181025215512j:plain

リーマンの下落は、とてつもないもので約3000ポイント下落しています。

日本円にして30万円分の下落です。(1枚当たり) 

 

ただし、2014年ごろにはリーマンショック以前と同じ水準まで戻ってきています。

つまり、リーマンショック後も持ち続けていれば、ちゃんと同じ水準まで戻ってきたということです。(しかもその間も配当は受け続けられる)

 

「FTSE100」は基本的に長い目で見ると右肩上がりなので、しっかり長期目線で見るようにすると良いでしょう!

 

ただ長期目線と言えど、買うタイミングは下落したタイミングがベストなので、2018年10月現在は相場が落ち着くまでは、少し待ったほうが良いと思います。

 

FTSE100利益検証まとめ 

FTSE100は、1年でもしっかり利益が出ることが、今回の検証で分かりました!

さらに、長期目線で見ればチャートが右肩上がりなので、差益(キャピタルゲイン)も狙える銘柄となっています。

 

なので、私の運用方針としては、いい感じに下がったタイミングで上手く買い増していこうと考えています。

 

ちなみに、私は「FTSE100」を始めた時は、買うタイミングのことを全く考えていなかったので、少し失敗したと思っています。

下の緑丸が私のエントリーポイントです。

f:id:KazukiTanoue:20181025222453j:plain

今年の3月に7000ポイントくらいまで下がっているので、もう少し待って7000台前半で買うべきでした。

実際、もしかしたら今月にもう少し下げる可能性もあるので、7000に近づいたら、1枚買い増そうと思っています!

 

そのタイミングは、またTwitterで報告しようと思うので、良かったら私のTwitterアカウント(@kazutano22)もフォローよろしくお願いします!

 

FTSE100を運用できるオススメの証券会社

ちなみに私は、FTSE100を「岡三オンライン証券」で運用中です。

岡三オンライン証券は、手数料が業界でもトップクラスに安く、なおかつスマホアプリも大変使いやすくて、とても気に入っています( ^ω^ )

岡三オンライン証券 くりっく株365】公式ページ

 

実際に岡三オンライン証券で、くりっく株365の口座を開設し、実際にFTSE100の運用を始めるまでの流れをまとめました!

合わせて参考にしてください!

参考:岡三オンライン証券で口座開設し【FTSE100】を買うまでを写真で解説