初めての運用報告【7月第3週】個人的にスワップがお気に入り!

f:id:KazukiTanoue:20180723033306j:plain

みなさんこんにちは、カズ(@kazutano22)です。

 

毎回週末に、その週の運用報告をしていこう!ということで、今回はその記念すべき1回目です。

本当は、土曜日にはアップしたかったのですが、この週末で某アイドルのライブに行っていたため、ギリギリ月曜日(間に合ってないw)でのアップになってしまいました。ただ、私が運用しているのが、完全に放置タイプの商品ばかりなので、基本問題はなしです!

 

先週の水曜日から計50万円の運用を始めて、3日分の値動きしかなかったのですが、とりあえず報告していきます!

ちなみに、私が現在保有している銘柄が、トライオートETF、南アフリカランド円、トルコリラ円、メキシコペソ円、FTSE100の4つです。

 

それでは、みていきましょう!

 

トライオートETFの現状

トライオートETFは、上場されている投資信託(ETF)を自動売買して、キャピタルゲイン(値上がり益)を狙う商品になります。

私は、運用資金50万円のうち、20万円をトライオートETFに投資しています。

下が私の口座状況です。

f:id:KazukiTanoue:20180723001129p:plain

私が、トライオートETFで運用しているのが、ナスダック100トリプル_スリーカードという銘柄で、アメリカのナスダック指数の3倍の値と連動しているETFです。

この銘柄は、この運営会社である、インヴァスト証券が用意しているトライオートETFの中でも2番目に成績の良い銘柄になります。

 

7月3週目の現状が、取引差益が3331円、含み損が-5202円という状況です。

 

含み損は、この取引を決済してしまったときに発生してしまう損失のことで、決済しない限りは、確定することはありません。基本私は放置で運用していきたいと考えているので、含み損が出ようがこのまま放置して相場が戻るのを待つスタンスで運用していきます。

 

この取引差益3331円というのは初日に発生した利益で、「トライオートETF、ヤバっ!一瞬で金持ちじゃん!」ってなりましたが、そんなに美味い話はないですよね(笑)

下の記事は、最初にぬか喜びしている記事になりますので、嘲笑いたい人はぜひ!

 

www.kazutanoue.com

 

南アフリカランド円の現状

南アフリカランド円は、スワップの受け取りを目的として保有しています。

スワップは、金利差のことで、日本円と南アフリカランドの間には金利の差が大きくあるので、南アフリカランド円を保有していると、その金利差の分が平日は毎日もらえます。

私は、FXプライム証券byGMOで、4万円分の南アフリカランドを購入しています。

下が、私の口座状況です。

 

f:id:KazukiTanoue:20180723022010p:plain

 

現状が、スワップの受け取りが276円、含み損が-4920円です。

 

スワップは、平日はほぼ毎日入ってくるので、3日間で276円なので、1日あたり92円入ってきている計算になります!

現状含み損がありますが、このスワップが積み上がってくれば、含み損も解消しますし、円安方向に振れれば解消するので、あまり気にしないようにしています。

 

タイトルにも書きましたが、上記のトライオートETFとは違って、徐々に積み上がっていくスワップ運用の方が、個人的には好きだなーと感じています。

 

 

トルコリラ円、メキシコペソ円の現状

トルコリラ円、メキシコペソ円に関してもスワップ目的で保有しているのですが、こちらの2銘柄に関しては、みんなのFX(トレイダーズ証券)で買っています。

これはスワップの値段が、それぞれの業者で異なるからです。現状、南アフリカランド円は「FXプライム」が、トルコリラとメキシコペソに関しては「みんなのFX」が一番高かったので、それぞれ運用先を変えています。

 

このスワップの比較に関しては、近いうちに記事にしたいと思います。

トルコリラ円、メキシコペソ円をそれぞれ3万円ずつ購入していて、口座の現状が下です。

f:id:KazukiTanoue:20180723023932p:plain

 

現状が、トルコリラがスワップが195円、含み損が-285円で、メキシコペソがスワップが162円、含み損が-2778円です。

 

こちらも3日間のスワップなので、トルコリラが1日あたり65円メキシコペソが1日あたり54円入ってきている計算になります。

こちらも含み損がある状態です。

 

 

株価指数CFD(FTSE100)の現状

株価指数CFDとは、株価指数とCFDがくっついた言葉です。

株価指数とは、日本の日経225や、アメリカのNYダウといった、複数の株価の平均を表したもののことを言います。

CFDは(Contract For Difference)の略で、差金決済取引などのことを指します。

投資対象が為替ならFXになりますし、今回は投資対象が株価指数なので、株価指数CFDと呼びます。

こちらの商品は、毎月幾らかの配当金(インカムゲイン)を得ることができるので、それを目的として投資しています。

 

50万円のうち、20万円を株価指数CFDに入れており、岡三オンライン証券で運用しています。銘柄は、イギリスの株価指数である、FTSE100です。

現状が下です。

f:id:KazukiTanoue:20180723030913p:plain

 

現状は、金利・配当金が-115円、含み損が-5800円です。

 

今月はまだ配当金が払われていない(7月はどうやら1年を通して一番低いらしい(泣))のと、毎日金利が少しづつ発生しているので、完全にマイナスしかついていないです。

 

まだ、株価指数CFDに関しては、どのように配当金が支払われるのか、現状わからないので(他の月を確認すると1000〜4000円くらいは支払われている)、とりあえず様子を見てみようと思います。

 

まとめ

7月第3週をまとめると、下図のようになります。

f:id:KazukiTanoue:20180723032810p:plain

含み損えぐい(笑)

まあ、開始した時期が悪かったということにしておきましょう。

基本的に、配当金が積み上がっていけば、含み損も気にならなくなってくると思うので、気長にコツコツ積み立てていこうと思います。

 

あと、FXの自動売買も近いうちに始めるので、また開始したら報告します。