インベスターZ11巻を読んで【投資】をするか【トレード】をするか考えた話

元銀行員ブロガーのカズです。

このブログを始める前から読んでいた漫画に「インベスターZ」という漫画があります。

「ドラゴン桜」で有名な、三田紀房さんの作品です。

この漫画をざっくり説明すると、「頭の良い中学生が、お金を投資をしてどれだけ増やせるかを描いた青春漫画」といったところでしょうか。

 

最近この漫画を改めて読み返して、特に突き刺さった言葉があったので、今回はその言葉を自分なりに考えてみた内容を紹介したいと思います。

それはインベスターZの11巻の巻末インタビューにあった、「多額の資金がない人はトレードから始めるのが王道」という言葉です。

 

ちなみに私は、長期投資を現在行っていますが、トレードは行っていません。

 

ポジショントークが多い昨今ですが、この「投資をすべきかトレードをすべきか」問題は真剣に考えなくてはならない事象だと考えたので、同じ疑問を持っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

f:id:KazukiTanoue:20181002195015j:plain

 

結論は「投資で感覚を掴んでトレードもする」 

私が出した結論としては、まずは投資をしてお金を使って稼ぐ感覚を養って、その上でトレードも実践することが良いと思っています。

 

私は現在、長期投資を前提にした「投資」を行っています。

『くりっく株365』や『FXのスワップ運用』がそれに当たります。

 

その2つの投資の配当から出る1年の利益率は、どちらも10%前後になる予定です(値動き分を加えると多少前後する可能性はあります)。

この数字は決して悪くはなく、むしろかなり良い数字です。

ただ「くりっく株365」と「スワップ運用」の元手がそれぞれ20万円くらいなので、1年で増える金額は4万円前後になる予定です。

 

何もせずに1年で4万円稼いでくれるのは、とてもすごいことだと思います。

ただ、これで「資産を増やそう」とするのは少し無理があると感じています。

 

例えば4万円を稼ごうと思えば、時給1000円のバイトを40時間入れれば稼げる額です。

つまりその気になれば、4日間で稼げる額なのです。

それを、1年かけてやっと稼げる長期投資にお金を置いておくのは、あまり効率的ではないと感じています。

 

それならトレードでまずは元手を増やすのが賢い選択だと考えています。

100万円を年率10%で運用すると、1年後に増える金額は10万円。

1億円を年率10%で運用すると、1年後に増える金額は1000万円。

この違いは歴然ですよね。

だから「多額の資金がない人はトレードから始めるのが王道」なのです。

 

長期投資からスタートすることは大事

私は実際には長期投資からスタートしたのですが、結果的には良かったと感じています。

 

長期投資は、レバレッジを低く保って「いかにロスカットしないか」ということを軸に投資するのが重要になります。

つまりどれだけ低リスクで始めるかが重要です。

そのために、「証拠金維持率」「レバレッジの概念」「取引画面の見方」「投資戦略の立て方」などを勉強して、自分でも検証を行ったりしてきました。

つまりトレードにも必要な予備知識を、低リスクで学べたということです。

 

私は、お金を使って稼ぐ方法を学ぶには「実際にやってみる」以外では無理だと思っています。

どれだけ、本やブログなどで投資やトレードのことを学ぼうと、実際にやってみないと分からないことはたくさん出てきます。

実際私も物事を始めるときは、かなり調べてから動くタイプなのですが、投資を実際にやってみて、「あれ?これってなんだ?」と思うことがたくさん出てきました

人は自分ごとになって初めて学べるんですね(^_^;)

 

そんな中、トレードという目まぐるしく変化する相場にいきなり突入せず、長期投資という比較的低リスクで始めれる分野で入ったことは、とても意味があったということです。

 

実際、『長期投資』と『トレード』では見る指標が全く変わってくるので、一から学びながら実際にトレードをしていくしか上手くなる方法はありません。 

ただ、そもそもの周辺知識を知っているのと、知っていないのでは雲泥の差があると思っています。

 

FXのデイトレードで一瞬で数万円を溶かした過去

あまり言いたくない過去なのですが、 実は数年前にFXのスキャルピングに挑戦したことがあり、数万円を数日で溶かしてしまった経験があります。

あの時は「もう二度とFXなんかするか!」と思っていました。

ただ今考えると、負けるたのは当然の結果だったと思っています。

 

あの時は、『レバレッジ』だとか『テクニカル』だとか『出口戦略』だとか何も知らずに、ただ「上がりそう」「下がりそう」という感覚だけでトレードをしていました。

典型的な負けパターンのトレードです。

何もトレードの基準がない私が負けるのは当然の結果でした。

 

ただ今だったら、

  • レバレッジのコントロールができる
  • しっかり出口戦略を考えた上でトレードする
  • 勝てるタイミングでしかエントリーしない

など、しっかり戦略を立てた上でトレードが出来ると思っています。

 

これは、まずは長期投資から入って「お金でお金を稼ぐ感覚を体験できた」ことが大きいと思っています。

 

投資をするにはまず元手を作ることが大切

有名ブロガーである「マナブさん」が、最近資産運用のアフィリエイトを始めようとして、その知識をつけるために本をたくさん読んでいました。

それでマナブさんが出して結論が、下記の通りでした。

つまりまずは元手を作るために、コツコツと行動していかなくてはならないということです。

マナブさんは、元手を作るためにブログや事業で稼ぐことを決めたようです。 

 

私は、どうせ資産運用ブログをやっているのだから「トレードもやってみよう」と考えています!

そのためには、まずはしっかり「テクニカル」の勉強をして、戦略をしっかり立てて、やりながら学んでいこうと思います。

またトレードを始めたら、このブログで報告していきます!

 

実際資産運用を始めるときに「長期投資」でいくか「トレード」でいくかは、私の結論としては「並行して実践する」というのが失敗が少ないと思います。

そして、何より実践が一番学べるということを、忘れないようにしてください!