メキシコペソ1万通貨を低レバレッジで運用するための設定方法は?

元銀行員ブロガーのカズです!

 

今回の記事では、メキシコペソ1万通貨をFXで低レバレッジで運用するための資金の設定方法を解説したいと思います。

 

FXにおけるレバレッジの概念は、FXをやったことがない人には感覚を掴むのが少し難しいと個人的に思っています。

私も自分で実際に運用するまでは、よく分かっていませんでした。

 

この記事は、FXをやる前の私が知っておきたかった「レバレッジの概念」を初心者にも理解しやすいように説明していきます。

上から順に読んでいけば、「FX初心者の人でも自分で資金の設定ができるようになる」はず(笑)ですので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ちなみにメキシコペソ1万通貨を低レバレッジで運用するには、口座に2〜3万円用意すればOKです!

それでは、その理由を解説していきます。

 

もし読んでみても「分からない!」という現象になりましたら、私のTwitter(@kazutano22)にリプライ貰えれば、答えれる範囲で答えますので、ぜひ活用してください!

 

f:id:KazukiTanoue:20181010081445j:plain

 

FXにおける取引は1万通貨からが基本

まず一番初めに抑えなければならないのが、FXにおける「取引単位」です!

基本的にFXで他国の通貨を買うときは、基本は1万通貨からの注文になります。

(※FX会社によっては、千通貨、1通貨から取引できるところもあります)

 

これを業界の用語では「1万通貨=1Lot」と呼びます。

 

「なんのこっちゃ!」だと思うので、実際に私の取引画面を見せます。

f:id:KazukiTanoue:20181010214634j:plain

左が私の取引画面なのですが、数量のところに(Lot)というのがあります。

これは保有している数量のことで、私は現在メキシコペソを「3万通貨=3Lot」運用中ということになります。

つまり3万メキシコペソを運用中ということです。

 

さらに右側には、私が現在メキシコペソを運用するのに使っている「みんなのFX(トレイダーズ証券)」のスワップカレンダーを載せています。

スワップカレンダーとは、その日にどれだけのスワップポイント(配当)が付くか表したものです。

この画面では日付が切れてしまっていますが、赤丸をつけた2日間は2018年10月8、9日のスワップポイントで、1万通貨運用していれば、この2日間で32円のスワップポイントが貰えることになります。

 

私は3万通貨持っているので、2018年10月現在は1日当たり16×3=48円のスワップポイント(配当)を受け取っております。

スワップカレンダーの16円の上に、48円となっているところがありますが、これは土日の分が加算されて付いている形です。

ちなみに、スワップポイントは365日受け取れます。

 

このようにFXにおける取引単位は、1万通貨(1Lot)からが基本となります。

 

現在の価格を見るときは常に1万倍して見るようにする

まず取引単位から説明したのは、現在の価格が1通貨当たりの値段で表示されるので、常に1万倍して見るようなクセをつけた方が良いと思っているからです。

実際に2018年10月10日現在のチャートを見てみましょう。

f:id:KazukiTanoue:20181010221359j:plain

取引単位は1万通貨からが基本なのに、実際のチャートの価格は1通貨当たりの価格で表示されているのです。

これがすごく私が分かりづらいなと思う点です。

さらに、どのFX会社を使ってもこのように表示されています。

 

つまりあなたが、メキシコペソを1万通貨=1Lot運用する時には、通常は59400円が必要になるのです。(2018年10月10日の時点)

ただ実際は、このお金を丸々用意する必要はありません。

なぜなら、FXではレバレッジをかけることができるからです。

 

FXでかけれるレバレッジとはどういうもの?

ここからが、今回の本題です。

FXにおけるレバレッジには2種類の意味があります。

  • 少額のお金で大きな取引ができる意味での「レバレッジ」
  • 行なっている取引をどれだけの安全度で運用するかの「レバレッジ」

の2種類です。

あなたが気をつけるべきレバレッジは、2つ目の「行なっている取引をどれだけの安全度で運用するかの『レバレッジ』」です!

 

一応両方とも解説していきます。

 

少額のお金で大きな取引ができる意味でのレバレッジ 

f:id:KazukiTanoue:20181010223059p:plain

日本におけるFX会社を使うと、実際の金額の25倍の取引をすることができます。 

 

上の金額で例を挙げると、1万メキシコペソを買うのに、59400円が必要でした。 

先ほど、実際はこの金額を用意する必要はないと説明したのは、このレバレッジをかけることができるからです。

つまり計算すると、

59400÷25=2376円

これだけのお金があれば、1万メキシコペソを買うことができるのです。

 

これをFX業界では「最低必要証拠金」と呼びます。 

それではもう一度、私の取引画面を見てみましょう。

f:id:KazukiTanoue:20181010224213j:plain

「あれ、2376円じゃないの?」

と思ったかもしれませんが、私は3万通貨運用しているので、

7129÷3=2376.33円

となり、だいたい一緒になりました!(記事を書いている間に価格が変わったので少しずれました(^_^;))

 

つまり、FXでは口座に入れているお金の25倍まで取引をすることができ、これを『レバレッジをかける』と呼んでいます。

 

ただ、実際はこのレバレッジは運用においては気にしなくても大丈夫です。

気にしなくてはならないのは、もう一つの『レバレッジ』です。

 

行なっている取引をどれだけの安全度で運用するかのレバレッジ

日本語が少しおかしい感じがするので、具体例を挙げて説明します。

ちなみにスワップ運用を勧める人が「低レバレッジで運用するようにしましょう」というときに使うレバレッジとは、このレバレッジのことです! 

 

先ほど1万メキシコペソは、59400円という価格でした。

これを計算しやすいように、1万メキシコペソ=60000円とします。

先ほど説明したように、1万メキシコペソを運用するのに必要な資金(最低必要証拠金)は、60000÷25=2400円でした。

つまり2400円が口座に入っていれば、1万メキシコペソを運用できます。

 

ただこの資金だと、少しメキシコペソの価格が下がっただけで、ロスカットをしてしまいます。 

 

ロスカットを避けるためには、口座にある程度余裕のある資金を入れておかなくてはなりません。

この余裕資金をどれだけ用意するかが、もう一つのレバレッジの正体です。

 

例えば、1万メキシコペソの取引のために、口座に30000円の資金を用意したとします。

すると60000円の取引に30000円の資金を用意したことになるので、レバレッジは2倍と言います。

20000円を用意すれば、レバレッジは3倍となります。

 

レバレッジ1倍とは、1万メキシコペソを買うのに60000円まるまる用意することを指し、この場合は外貨両替と意味はほとんど変わりません。

このレベルになると、メキシコペソがデフォルト(破綻)しない限りは、持ち続けることができます。

 

このように、レバレッジを下げた運用をするためには、口座にどれだけの資金を用意するかで決まります。

 

メキシコペソ1万通貨を低レバレッジで運用するためには口座にいくら必要?

ついに今回の記事のタイトルである疑問に答える時間です。

 

新興国通貨のスワップ運用では、よく「レバレッジ2倍以内で運用するようにしましょう」ということが言われます。

つまり先ほどの例で言えば、1万メキシコペソの価格が59400円ならば、約30000円を口座に入れておけば良いことになります。

たったこれだけです。

 

「ポカーン・・・・( ・∇・)」

 

すいません、ここまで長く説明しておきながら、これだけです!

 

正直この2倍という数字は、メキシコペソにおいてはかなり安全な数字なのですが、ただこれだけだとちょっと味気ないので、もう少し踏み込んで見てみましょう!

f:id:KazukiTanoue:20181010232448j:plain

このチャートは、過去約10年分のメキシコペソの動きです。

 

このチャートから分かるように、過去10年は3.0の価格の差の中で推移しています。

つまりメキシコペソは、過去10年最大で30000円分の価格の移動しかしていないのです!

つまり価格がめちゃくちゃ上がった、2014年の終わりに買って、一番下がった2016年代まで持っていても、口座に30000円分の余裕資金があれば、ギリギリロスカットは免れたことになります!

 

それでは現在の価格を見てみましょう。

2018年現在の価格は約6.0前後で、30000円口座に入れておけば3.0くらいまでは耐えれる金額になります。

正直現状では、3.0まで下がることは現実的ではないと見ています。

 

なので攻める人ならば4.0までの下落を見込んだ、20000円を口座に入れるという選択でも私は問題ないと思っています。

 

つまり、現状で「メキシコペソ1万通貨を低レバレッジで運用するためには、20000円〜30000円を口座に用意しておけばOK」と私はしています!

 

現状私はメキシコペソ3万通貨を、71481円で運用しているので、1万メキシコペソ当たり23827円で運用しています。

ちゃんと範囲内ですよね。

 

低レバレッジ運用まとめ

今回は私がFXのスワップ運用を始める前に知っておきたかったことを、一から説明していきました。

正直私が、ここまで理解できるようになったのは、運用を始めて2ヶ月経ったときくらいです(^_^;)

 

個人的には、レバレッジの考え方以上に、「1Lot=1万通貨」ということが初心者には一番大事な概念だと思っています。

自分がどれだけの金額を取引しているのか、分からなくなりますからね。

 

自分がどれだけの金額を取引しているかが分かれば、あとの計算はレバレッジを2倍にしようと思えば、÷2するだけなので、簡単にできます。

 

なので、今回の説明がイマイチ分からなかった、という人は「1Lot=1万通貨」ということだけ覚えておくようにしてください!

 

メキシコペソを運用するのにオススメのFX業者 

私は現在メキシコペソを「トレイダーズ証券【みんなのFX】」で運用中です!

トレイダーズ証券は、メキシコペソのスワップポイントが業界でもトップクラスに高く、スマホアプリも使いやすいので、とても気に入っています!

 

トレイダーズ証券【みんなのFX】

↑公式ページ(口座開設無料) 

 

実際に【みんなのFX】で口座開設をして、実際にメキシコペソを買うまでの流れをまとめました!

合わせて参考にしてください。

参考:みんなのFXで口座開設し【メキシコペソ】を1万通貨買うまでを写真で解説