2018年9月のリップル(XRP)の暴騰状況をまとめてみた【最新版】

元銀行員ブロガーのカズです!

2018年9月21日の深夜0時頃、リップルに一時80円を超える暴騰が起きました。

私は正直リップルに関しては、「なんでそんなに盛り上がってんの?ただ送金が早いだけじゃん」という目で見ていました。

 

ただ、今回の件で色々調べてみると、国際送金の媒体として使われ、今でも各国の銀行との提携を進めているという情報を見て、「なるほど」となりました。

他にも日本だと、三菱UFJ銀行やSBIといった有名企業もリップルの技術を採用した、新しいシステムを作っているようです。

 

未来的には、あらゆるところに「リップル」の技術が使われることを期待して買っている人が多いということですね。

(ただこの情報のほとんどがネットからの情報なので、各々で精査してください)

 

ただとりあえず、9月21日に暴騰したことは間違いありません!

そこで今回の記事では、「今回の暴騰がどのようなものだったか」まとめてみようと思います!

f:id:KazukiTanoue:20180922035424j:plain

 

有名アカウントのリップル暴騰への反応まとめ 

リップルと言えば、私は与沢翼さんを思い出します(笑)

今でも大量にリップルを保有している方です。

今回の暴騰も彼のツイートで気付きました。

 

あと「バンクアカデミー」というブログを運営している、有名ブロガーの小林亮平さんもイナゴで入ったと公表しています。

 +7%の利益で利確したとのことだったので、嗅覚と行動力がすごいですね!

私はただ、「ぼーっと」見てました(笑)

 

「いくで、やるで、リップル買い増しや」のフレーズでおなじみの、100億円PLAYER<絆>IYRKさんもお祭り状態となっています。

 

これは完全にお祭り状態となっていて、「#XRP」とTwitterで検索しようもんなら、「500リップルをプレゼント中!応募方法はこのアカウントをフォロー」みたいな宝くじアカウントがわんさか出てきています(笑)

 

今回のリップル暴騰の経緯は?

私が一番知りたかったのは、「なぜこのタイミングで暴騰が起きたのか?」ということです。

Twitterで検索しても、お祭り騒ぎしているアカウントしか出てきません。

そんな中、今回の暴騰を説明してくれているアカウントを見つけました!

 

 

この単眼愛(モノアイ)さんはFXや仮想通貨の売買についてよく呟いているアカウントです!

モノアイさんによると、2ヶ月前まではリップルは日本ばかりで注目されていて、取引もほとんどが日本人だけが行っていたということです。

それが、海外勢(主に韓国と中国?)も注目しだして、そのお金が入ってきたということでした!

 

ちなみにUSDTとは、ドルの価格と連動するように作られている仮想通貨のことです。(ペッグ通貨と言います)

「Tether limited」という運営母体が管理しており、仮想通貨の中では”かなり中央集権寄りの”通貨になります。 

ドルと交換することで、この仮想通貨を得られるので、USDTと同じ量のドルをTether limitedは保有しなくてはならないのに、実際はUSDTよりも少ない量のドルしかなかった。という疑惑も少し前にありましたね。

 

ちなみに、USDTは中国人が海外に資産を逃すために使われることが多いそうです。

 

以上のことから、韓国資本と中国資本が入ったことでこのタイミングでの暴騰になった、という見方でいいのかなと思います!

(確証はないので、参考程度に留めておいてください) 

 

なぜこのタイミングで中国資本と韓国資本が入ってきたのか? 

リップルには将来性もある感じはするけど、なぜこのタイミングだったのかな?

という疑問が私の中に残りました。

 

ただ色々調べてみると、2018年8月くらいの記事で韓国でリップルを使った国際送金システムが実用化されたり、リップル社が中国とパートナーシップを結んだことを報告する記事が出ていることが分かりました。

リップルがついに中国当局と協力!今後の展望は? - bit-life ビットライフ

 

このことにいち早く気づいた、韓国人や中国人が早めにリップルを買いに走ったのかもしれないですね。

ただ、中国では仮想通貨は個人間での使用は、かなり厳しく規制されています。

なのでUSDTでの取引がたくさん行われたとするのなら、上のモノアイさんのツイートとの整合性は取れそうな感じがします。

 

この他にも、リップルの決済システムである「xRapid」というものが、商業利用の目的で来月にも立ち上げるかもしれない。という情報が9月17日に出たことも好材料になったようです。

xRapidについては、下記の記事が詳しく説明しています。

リップルが時価総額ランキングで2位に返り咲き!前日比は40%超え - bit-life ビットライフ

 

2018年9月のリップルの暴騰状況まとめ

とりあえず今回調べて思ったのは、「リップルのこと全然知らなかった笑」ってことです。

ここ1週間くらいでリップルのことを呟く人が増えたのは、こういう経緯があったからかと妙に納得してしまいました。

 

かなり冷え込んだように思えた仮想通貨業界も、世界で見るとまだまだ盛り上がっているみたいですね!

私が今からリップルに参入するかどうかは微妙ですが、少額なら投資するのもありだと思いました。

 

それよりも、リップルによって世界がどのような便利な世の中になるかの方が私は楽しみですね( ^ω^ )