株価暴落でも怖くない【ソーシャルレンディング】でチャートなし運用

元銀行員ブロガーのカズです!

 

今回は個人で事業に融資できる仕組みである「ソーシャルレンディング」についてご紹介します。

 

融資というのは、企業や事業にお金を貸し出し、その貸した分の利息を貰って利益を出す仕組みです。

あなたが融資と聞いて思いつくのは、”銀行”だと思います。

その銀行が行なっている、融資と同じようなことを個人でもできる仕組みが「ソーシャルレンディング」です!

 

ここ2〜3年で、個人でできる”新たな投資方法”として注目され始めています。

今回の記事では、ソーシャルレンディングで運用することの【メリット】と【デメリット】についてご紹介します!

 

私も実際に行なっている運用方法で、ぜひ「値動きする運用が嫌い」という人は、導入を検討してみてください。

 

f:id:KazukiTanoue:20181029215032j:plain

 

ソーシャルレンディングのメリットは全部で4つ

ソーシャルレンディングで運用することのメリットは下記の4つになります。

  • 値動きする運用ではないので「上がる・下がるがない」
  • 魅力的な利回り
  • 個人によって成績に差が出ない
  • 少額からの運用が可能

それでは一つずつ見ていきます。

 

ソーシャルレンディングは値動きがない運用 

f:id:KazukiTanoue:20181029220106j:plain

運用には、上のような値動きするチャートが付き物だと思っている人も多いかもしれませんが、ソーシャルレンディングは融資なので値動きがありません。

 

このような値動きのある運用をしたことある人は、

「毎日値動きが気になってチャートばかり見てしまう」

といった経験をしたことがありませんか?

 

私も現在値動きのある商品を多く運用中ですが、ここだけの話、数値が上がっている時は嬉しくてしょうがないですが、下がっている時は憂鬱でしょうがないです(笑)

 

その点、ソーシャルレンディングは企業や事業に融資をして(お金を貸して)、利息をもらうだけなので、値動きに一喜一憂する必要がありません!

 

ソーシャルレンディングの利回りは魅力的

運用するのだから、ある程度の利回りが望めないと投資する必要性が無くなりますよね。

ソーシャルレンディングで投資できる先はたくさんあるのですが、その投資利回りは年率にして5%を超えている案件がほとんどです!

 

投資の世界では、年率5%以上の成績を出せれば上々と言われることが多いです。

100万円運用して、1年後に105万円になっていたら完全に合格点なのです!

 

その成績が、案件を選ぶだけで達成できてしまうので、最近注目が集まっている運用方法となっています。

 

ソーシャルレンディングは個人で成績に差が出ない

f:id:KazukiTanoue:20181029222324j:plain

株式投資やFXの世界だと、値動きあるので、個人の知識や経験の差で成績の差が生まれてしまいます。

 

しかしソーシャルレンディングの世界では、案件を選んで一定の期間を待つだけで利息を受け取ることができます!

なので個人の能力で運用成績に差が出ません。

 

つまり投資のプロでも、素人でも同じ成績になるので、投資初心者でも導入しやすい運用方法ということです!

 

ソーシャルレンディングは少額から投資可能

「融資というからにはある程度まとまったお金が必要なんでしょ?」

いいえ、案件によっては最低1万円から可能な案件もあります!

 

案件によって最低の融資金額というのが決まっていて、その案件次第なのですが、ほとんどの案件が最低投資金額を数万円にしているものが多いです。

 

なので、最初は数万円だけ試してみて、慣れてきたら10万円以上投資してみる。とかでも全く問題ありません。

私も最初は、1万円からソーシャルレンディングを始めました!

 

10万円を年率5%で運用すれば、1年後には105000円になって返ってきます。

今の銀行の普通預金利率の0.001%と比べると一目瞭然ですよね。

この利率だと、1年後は100001円です(笑)

 

ソーシャルレンディングのデメリットは全部で3つ

ソーシャルレンディングのデメリットは以下の3つです。

  • 融資先の業績悪化でお金を返ってこない場合がある
  • 融資期間中はお金を引き出せない
  • 運営会社が倒産する可能性がある

 それでは、1つずつ解説します。

 

融資先の業績悪化でお金が返ってこない場合がある

ソーシャルレンディングの運営会社が、しっかり事業者を選別しているとは言え、融資先の業績が一気に悪くなるようなことが起こると、融資したお金が返って来ないこともあります。

 

ただし、そのようなリスクを回避するために、最近の案件では担保や保証を用意しているところが多いです。

なので、担保と保証をしっかり設定してある案件を選べば、このようなリスクは回避できる可能性が高いでしょう!

 

融資期間中はお金を引き出せない

f:id:KazukiTanoue:20181029225941j:plain

ソーシャルレンディングでは、数ヶ月から数年までの融資期間が設定されています。

そして、その融資期間中は原則お金を引き出すことはできなくなります。

 

対策として、投資の大前提ですが、しばらく使わないお金を運用に回すようにすると良いでしょう。

さらにちゃんと余裕資金で運用をすることも大切です!

 

運営会社が倒産するリスクがある

一番気をつけないといけないリスクが、ソーシャルレンディングを運営する会社自体が倒産するリスクがあるということです。

まだ出来て間もない仕組みなため、ソーシャルレンディングを運営する事業者自体が経営基盤がしっかり整っていないところもあります

 

対策としては、また別記事でまとめますが、経営基盤のしっかりした事業者や、しっかり融資したお金を償還した(返してくれる)実績のある事業者を選ぶようにしましょう!

 

ソーシャルレンディングのメリット・デメリットまとめ

 ソーシャルレンディングはサービスが始まってから、まだ日が経っていないので、世間の認知度はかなり低いですが、うまく資産運用に組み込めば堅実な運用を可能にしてくれます。

 

メリットで伝えたように、日々の値動きも全くないので、投資初心者の人でも取り入れやすい運用先だと思っています。

 

私自身まだ始めたばかりですが、このサイトを通して運用情報などを提供していきますね( ^ω^ )