【FX体験談】スキャルピングよりスワップ運用を私が採用する理由

FXっていろんな投資方法があって迷っちゃうなー

私の体験だと長期投資にはスワップ運用のほうが適してるよ!

こんにちは、元銀行員ブロガーのカズ(@kazutano22)です!

「FXって色んな投資方法があって、どの方法を取るべきなのか分からない・・」

このように感じていませんか?

 

私自身今まで、スキャルピング、デイトレード、スイングトレードなど色んな投資方法を試してきました。

その体験の中で、私がたどり着いた結論が「FX投資はスワップ運用の長期投資が一番良い」ということです!

今回の記事では、なぜそのような結論に至ったのかを、体験談を交えて説明していきます。

FXで失敗してしまった方や、自分の投資方法に自信が持てていない方は、ぜひ参考にしてみてください!

f:id:KazukiTanoue:20180827205846j:plain

 

スキャルピングやデイトレードなどの短期売買はルールが命

①私が体験した短期売買FXの怖い話

まず私が一番最初に手を出したFXの投資方法が、スキャルピングやデイトレードといった短期売買の方法でした。

それぞれを簡単に説明すると、

  • スキャルピング・・数秒から数分で一回の取引を終えるトレード
  • デイトレード・・日をまたがずにその日に取引を終えるトレード

私は、この2つの中でも、どちらかというと一瞬で売買が終わるスキャルピングという方法を主にやっていました。

結果はというと、資金の半分ほどをすぐ溶かしてしまい、あっさりと退散してしまいました。

金額は書きませんが、普通の会社員の月収分くらいは無くなりました٩( ᐛ )و

そもそも、

  1. なんのルールも決めずに始めたこと
  2. すぐに取引を終わらせる覚悟がないまま始めたこと

今振り返ると、これが全ての要因だったと思います。

一瞬で打ちのめされて、「二度とFXなんかやるか!」と思ったのを、今でも鮮明に覚えています(笑)

 

②この体験から私が学んだこと

まず投資のルールを決めていなかったことが、一番良くないことだったなと思っています。

まず、スキャルピングなどの短期売買は「いかにルール通りにやるか」ということが一番重要になります。

このルールを全く決めずに始めた私は、そもそも勝てるはずもなかったのです。

 

もう1つが、「ルールを実行する覚悟」も大事です。

いくらルールを決めていても、

  • 「もしかしたらもうちょっと上がるかもしれない」
  • 「下がっても待ってたら値が戻ってくるかもしれない」

このような願望が、トレードに反映されてしまいます。

「いや意思弱すぎでしょ」

って思うかもしれませんが、実際に自分の大切なお金が絡むと、冷静な判断ができなくなります。

しかもスキャルピングの場合、1日に数回は売買をするので、その度に状況に応じて意思決定をしなくてはなりません。

毎日、神経をすり減らしているような気持ちに襲われて、さらに自分のお金もみるみる減っていき、「あー、私にはスキャルピングは合わない」という結論に至りました。

-ポイント-
  • 短期売買FXにはルール決めが重要
  • 但しそのルールを守るのには精神的な強さが必要
  • 私にはその精神の強さはなかった

 

スワップ運用が長期投資に向いている理由

①スワップ運用の魅力 

スワップ運用とは、2国間の金利差を利用して運用する方法のことです。

例えば、日本の政策金利は2018年7月現在0.1%とかですが、南アフリカ共和国は6.5%となっています。

つまり、その2国間の金利差である6.4%分を狙う、というのがスワップ運用です。

このスワップは、FXで買いポジションを持つことで毎日受け取ることができます。

この毎日受け取るスワップのことを、スワップポイントと言います。

スワップ運用は、このスワップポイントを長期に積み上げていくことで利益をあげてく投資手法なので、長期投資に向いています!

f:id:KazukiTanoue:20180827220519j:plain

これは実際の私が運用している、南アフリカランドの取引画面になります。

この赤丸のスワップ合計のところに毎日スワップポイントが反映されていくので、長期で運用をすると、とても威力を発揮する投資方法になります!

 

 ②スワップ運用の注意点は?

スワップ運用の注意点は、レバレッジを低く保たないとロスカットをしてしまう可能性があることです。 

スワップ運用では、スワップポイントを受け取るため、長期で買いポジションを保持しなくてはなりません。

ただ、FXはレバレッジをかけて取引をするため、大きな値下がりなどがあると、ロスカットが発生して、強制的にポジションを解消されてしまいます。

そうならないためにも、レバレッジは常に低く保つ必要があります。

レバレッジを低く保つためには、口座に余裕資金を追加しておく必要があります。

詳しくは下記の記事で説明していますので、参考にしてください!

 

③私がスワップ運用を採用する理由

私がスワップ運用を採用している理由は簡単で、「基本ほったらかせるから」です! 

スキャルピングなどの短期売買は、その取引をやった時にしか利益を出せません。

さらに、私はその取引自体の耐性があまりないことが経験から分かっています。

その点スワップ運用は、一度買いポジションを取ってしまえば、あとはスワップポイントが積み上がるのを待つだけなので、ほったらかし運用が可能です。

また、スワップポイントが積み上がれば、タイミングを見て買い増すことも可能です。

そうすれば複利の効果も働いて、さらにスワップポイントの積み立て具合が加速していきます!

こういう理由から、私はFXにおいてはスワップ運用しかやらないようにしています。

 

スキャルピングはスポーツ、スワップは投資

スキャルピング自体を私は全く否定しません。

むしろ、その手法で数億とか稼いでいる人がいるのも知っています。

ただ、スキャルピングは、取引のルールを決めることはもちろんですが、どのタイミングでトレードに入るか?といったタイミングの見極めも重要です。

上手い人は、確実に勝てそうな相場の時しかそもそも取引しませんし、取引をしない日が数日あるというのも普通です。

そういった意味では、スキャルピングはスポーツに似ているなと思います。

あくまで、経験とセンスが物を言う世界だと思っています。

 

それに対してスワップ運用は、最初に買うタイミングさえしっかり見極めれば、あとはほったらかして待つだけです。

スキャルピングほど、短期での大きな利益は望めませんが、長期で着実に増やすことは可能な手法です。

そういった意味では、スワップ運用はしっかり投資と呼べると思っています。

レバレッジを低く保つやり方さえ守れば、基本は資金を増やしていける方法です。

 

以上が、私がスワップ運用を採用している理由です。

 

自分に合った投資手法を見極める

今回は、私の投資性向に合っているということでスワップ運用を紹介しました。

ただ、人によって投資に求めるものは様々です。

短期で大きな利益が欲しい方は、スキャルピングなどのほうが、圧倒的に有利です。

なるべくリスクを低く長期的に増えてくれれば良い人は、スワップ運用の方が向いているでしょう。

なので、まずは自分は投資にどのようなリターンを求めていて、さらにリスクはどれだけ取れるか、というのをまずは考えるようにしてみてください!

ちなみに私がやっている手法は、リスクはミドルくらいで、長期的にはしっかり利益が積み上がるような投資手法を多く取り入れています!

みなさんも一度自分の投資性向について、しっかり考えてみてください。