【スワップ運用】ロスカットに怯えないための余裕資金を検証してみた

新興国通過は値動きが激しいから、ロスカットしないかいつも不安・・

口座の資金量でどれだけ下落に耐えれるか知っておけば、いざという時すぐに対応できるよ!

こんにちは、元銀行員ブロガーのカズ(@kazutano22)です!

新興国通貨の高スワップ狙いで、買いポジションを取っている方は多いかと思います。

高スワップ通貨と言えば、トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドなどが有名ですよね!

ただ、この高スワップ通貨、長期的に下落傾向にある上に、時にとてつもない下落をする場合があります!

f:id:KazukiTanoue:20180817230011j:plain

上の赤丸は、2018年8月に起きたトルコリラショックの時の下落になるのですが、とても大きな下げで、Twitterなどでは、「ほっといたらロスカットしたー(T_T)」という声もたくさん聞きました。

そこで、今回の記事では、この新興国通貨の急な下落でも耐えれる資金は、どのように計算して、どれだけ用意をすればいいか?ということを説明していきたいと思います!

ちなみに、実際に私の保有している南アフリカランド、メキシコペソで検証していきます。

  • これからスワップ運用を始めようとしている人
  • すでに始めているけど、適切な資金量が分からない人

上記のような人は、サクッと読んで、自分の運用に役立ててもらえればと思います!

f:id:KazukiTanoue:20180818022356j:plain

 

私が保有している通貨の余裕資金を検証

①南アフリカランド/3万通貨保有(FXプライム)

まず結論から書きます!

南アフリカランドを、安全にスワップ運用するためには、1万通貨あたり、2〜3万円の余裕資金を口座に入れておくことをオススメします!

それでは、その検証をしていきます。

 

私は南アフリカランドを、FXプライムbyGMOで運用していまして、口座状況は以下の通りです!

  • 南アフリカランド3万通貨保有
  • 口座残高100000円
  • 時価評価総額77944円
  • 使用中保証金9891円
  • 拠出金維持率788.02%

つまり1万通貨あたり3万円の余裕資金を入れている計算になります。

f:id:KazukiTanoue:20180818003736j:plain

さらに必要になる数字が、FXプライムのロスカットルールです。

(※このロスカットのルールは、お使いのFX業者によって異なるので、各自お使いのFX業者を確かめた上で、計算するようにしてください!)

ちなみに、FXプライムのロスカットのルールでは、拠出金維持率が80%を切った時にロスカットが発生します。

ちなみに計算方法は、

(拠出金維持率) = (時価評価総額) ÷ (使用中保証金) × 100

 なので、上の私の口座の数字を当てはめると、

788.02% = 77944 ÷ 9891 × 100

となります!

 

私が求めたいのは、ロスカットする時の時価評価総額なので、式は下記のようになります。

80% = X ÷ 9891 × 100

X = 7912

となるので、時価評価総額が7912円になった時に、私の口座ではロスカットが発生してしまいます。

 

それでは、時価評価総額が7912円になるのは、3万通貨保有している南アフリカランドが、どれだけ下落した時なのかを求めます。

南アフリカランドは、1円下落するとき、1万通貨あたり約1万円の含み損が発生します。

なので私の場合は、3万通貨保有しているので、1円下落すると、約3万円の含み損が発生することになります。

私のロスカットまでの余裕資金は、

77944 - 7912 = 約70000

よって、

70000 ÷ 30000 = 2.33円

つまり、今の値から2.33円の下落までは耐えれる計算になります!

それでは、ここで南アフリカランドのチャートを見てみましょう!

f:id:KazukiTanoue:20180818012843j:plain

チャートを見ると、過去の最安値と今の値の差が最高でも1.21円で、私の口座の資金だと2.33円の下落まで耐えれるので、南アフリカランドに関しては、かなり余裕を持って運用していると言っていいと思います!

ちなみに過去の最安値でも、1.21円の下落なので、余裕資金は1万通貨あたり12000円でもいいですが、もう少し余裕を持って、南アフリカランド1万通貨あたり、2〜3万円の余裕資金を口座に入れるよう私はオススメしています!

 

②メキシコペソ/3万通貨保有(みんなのFX)

それでは続けて、メキシコペソでも同じ検証をしてみましょう!

こちらも先に結論を書きます!

メキシコペソに関しては、安全にスワップ運用するためには、1万通貨あたり、2万円の余裕資金を口座に入れておくことをオススメします!

それでは、検証です!

 

私は、メキシコペソをみんなのFX(トレイダーズ証券 )で運用しています。

口座状況は下記です!

  • メキシコペソ3万通貨保有
  • 口座残高71481円
  • 時価評価総額67849円
  • 使用中保証金6972円
  • 拠出金維持率973.16%

 つまり1万通貨あたり、約2万円の余裕資金を入れている計算になります。

f:id:KazukiTanoue:20180818023202j:plain

みんなのFXでは、証拠金維持率が100%以下になるとロスカットするようになっています!

公式サイト

ロスカットについて

 今回は途中の文は省いて、計算式だけ書きます。

100% = X ÷ 6972 × 100

X = 6972

メキシコペソに関しても、1円下落すると、1万通貨あたり約1万円の含み損が発生します。

つまり、今回も私は3万通貨保有しているので、1円下落すると、3万円の含み損が発生します。

67849 - 6972 = 約6万円

60000 ÷ 30000 = 約2円

つまり今の値から、約2円の下落まで耐えれる計算になります!

メキシコペソのチャートも見てみましょう!

f:id:KazukiTanoue:20180818024830j:plain

過去最安値の4.958でも今の値との差は-0.823円で、私の口座の資金だと、-2円の下落まで耐えれるので、メキシコペソに関しても、かなり余裕を持って運用ができています!

ちなみに、過去の最安値でも下落は1円以下なので、余裕資金は1万円でもいいかもしれませんが、私は余裕を持って、メキシコペソに関しては、1万通貨あたり2万円の余裕資金を口座に入れるよう、オススメしています!

 

みなさんも一度計算してみることをオススメします! 

実を言うと、私はこの2つの通貨を買うときに、今回行った計算をしてみたわけではありません(笑)

ただ、これらの通貨を買った当時、参考にしていたサイトに載っていた余裕資金量で買っただけなので、自分で検証をしたことはありませんでした。

(※ちなみに、私が参考にしていたサイトの方が推奨していた余裕資金は、私が今回紹介した資金量よりも、もう少し低めです)

今回自分で、検証をしてみて、「私的にはもう少し余裕が欲しいな」ということで、それぞれの口座に余裕資金を追加して、上記のような証拠金維持率になっています!

 

実際に自分で計算してみないと、「一体自分の口座の資金で、どれだけの下落に耐えれるのか分からない・・」という不安が、いつまでも付きまとうと思います。

なので、そういう不安を抱えている方には、ぜひ自分で上記のような計算をして、自分にあった余裕資金を把握をして欲しいです!

また、これからスワップ運用を始める方にも、私の計算を鵜呑みにしないで、一度自分で計算してみて欲しいです!

-これから始める方へ-
計算してみてと言いましたが、これから始めようとしている方に関しては、まだなんのことかサッパリだと思いますので、私が今回オススメした余裕資金で始めるといいと思います!
かなり初心者向けの設定にしてあります!