スワップを毎月10万円ずつ積立した場合どれだけ増えるか検証してみた

元銀行員ブロガーのカズ(@kazutano22)です。

私は2018年7月から資産運用を開始し、現在「トライオートETF」「FXのスワップ運用」「くりっく株365」「ロボアドバイザー」の4種類に投資をしています。

その中でも、日々配当(スワップポイント)が溜まっていくのを見るのが楽しいのがスワップ運用です!

 

私は「南アフリカランド」「メキシコペソ」トルコリラ(売却済み)を保有しており、スワップポイントを受け取っています。

いずれも高スワップポイントが狙える新興国の通貨です。

 

新興国のスワップ投資は、その高いスワップポイントを毎日受け取ることができ、なおかつそのスワップポイントを使って追加で購入していくことも可能です。

つまり長期投資に向いているということです!

 

ただ複利の力は「追加投資」があるとさらに威力を増します。

そこで今回の記事では、毎月10万円ずつスワップ投資を積み立てていくと、日々もらえるスワップポイントがどれだけ増えるか検証してみたいと思います!

 

f:id:KazukiTanoue:20181007051801j:plain

 

スワップを積み立てる前提条件を決める

①南アフリカランド/円

私は現在南アフリカランドをFXプライムbyGMOで運用しています。

シミュレーションでは、このままFXプライムで毎月4万円(2万通貨)を積み立てていくこととします。

またスワップポイントが2万円溜まった段階で、1万通貨を買い増していくことにします。 

またスワップポイントに関しては、2018年7月の平均値で計算するものとします。

 

②メキシコペソ/円

メキシコペソは、トレイダーズ証券(みんなのFX)で運用しているので、シミュレーションでは、このままトレイダーズ証券で毎月4万円(2万通貨)を積み立てていきます。

こちらも同じく、スワップが2万円溜まるたびに、1万通貨を買い増していくことにします。

 

③トルコリラ/円

トルコリラは、 メキシコペソと同じくトレイダーズ証券(みんなのFX)で運用しています。

(※現在は運用していませんが、シミュレーションのためこのままにしておきます)

よってこのまま、トレイダーズ証券で毎月2万円(2千通貨)を積み立てていきます。

こちらは、スワップが1万円溜まるたびに1千通貨を買い増していくこととします。

 

④スワップポイント

スワップポイントは、度々変わりますが、計算をしやすくするために、2018年の7月の平均が続くものとします。

以下の通りです。

f:id:KazukiTanoue:20180725153132p:plain

 

スワップ積立の検証結果(2年分) 

f:id:KazukiTanoue:20180725171924p:plain

 

スワップ積立の検証結果の考察

①複利の力はすごい!

ほぼ全部の通貨で、1年を少しすぎると毎月か2ヶ月に1回はスワップ自身での追加購入が出来て、保有枚数がどんどん増えていきます。

「複利ってすごい」と聞いたことはありましたが、自分で検証するまでは、こんなに雪だるま状態なんて気づきませんでした!

ギリギリ30歳でこの凄さに気づけて本当によかったと思いました。

 

②月10万円ずつの積み立てなら、スワップだけで追加購入出来るのは約1年半後

f:id:KazukiTanoue:20180725180403p:plain

約1年半を過ぎると、スワップだけの受取りで、月5万円を超えます!

毎月10万円だけ積み立てれば、1年半後に5万円の不労所得がもらえるようになるということです。

それを、さらに複利で運用していけば、まさに雪だるま式というやつですね。

 

f:id:KazukiTanoue:20180725181519j:plain

まさにこのようにスワップが雪だるま式に増えていく様子が分かります(笑)

 

③今回の検証には為替損益は含まれていないので注意

今回のこの検証には、為替差益損が含まれていません。

この2年間の間に円安が進めば、さらなる利益が見込めますが、逆に円高に進めば含み損を抱えることになります。

 

ちなみに新興国の通貨は、長期的には円高方向に動く傾向が強いです。

つまり新興国通貨への投資は、為替の損益部分では負ける可能性が高いです。

なので、ただ闇雲に積み立てていくのはあまりおすすめはしません。

参考:FXのスワップ運用で失敗から学んだ「買うタイミング」の重要性とは?

 

今回は、検証のために毎月積み立てるという方法を取りました。

なのでできれば、”大きく値が下がったタイミングで”上手く買うことを意識するようにしてください!

そうすることで、スワップ運用の真の威力が発揮されます。

 

スワップ積立検証まとめ 

今回の検証で、新興国通貨の金利がいかに高利回りかということがよく分かりました!

逆に言えば、それだけ円と比べると「通貨としてリスクが高い」ことを意味します。

それだけ金利を上げないと、買ってくれる人がいないということですからね(^_^;)

 

ただ、上手くこの高金利通貨を資産運用に組み入れることで、大きなリターンを生んでくれることも今回の検証で分かりました。

なので私は、これからも良きタイミングで積み立てていこうと考えています!

 

2018年10月22日追記

スワップ運用を始めて3ヶ月以上たった今、新興国通貨の中でも特に『メキシコペソ』に一番可能性を感じております!

運用成績とともに、どういう点に可能性を感じたのかをまとめましたので、ぜひ読んでみてください。

参考:メキシコペソ投資を始めて3ヶ月の成績を為替損益・スワップ共に公開