選ぶだけで自動売買!トライオートETFの自動売買セレクトの選び方

自動売買への投資って最近流行っているねー

今日はその中でもETFの自動売買ができるトライオートETFについて解説していくよ!

元銀行員ブロガーのカズです!

最近、投資界隈で話題になることが多い「自動売買」というワードを聞いたことがありますか?

 

自動売買とは、忙しいあなたに代わって自動で売ったり買ったりしてくれる仕組みのことです。

その中でも、今回紹介するトライオートETFはETF(上場投資信託)を自動で売買して利益を積み上げてくれる仕組みになります!

実際私も、このトライオートETFを運用することで、月に1万円程度の利益を得られています!

 

「自動売買と聞くと設定などが難しそう・・」と感じるかもしれませんが、複雑な設定は必要ありません。

トライオートETFの運用方法は、用意された自動売買の銘柄の中から、自分の投資性向に合ったものを選んだら、あとは待つだけです!

「簡単でしょ?」

そんなトライオートETFで私が実践している銘柄選びと設定方法について、この記事では解説していきます。

f:id:KazukiTanoue:20180829190808j:plain

 

自動売買セレクトは基本はナスダック100トリプル_スリーカード

f:id:KazukiTanoue:20180829200435j:plain

トライオートETFの銘柄選びはとても簡単で、自動売買セレクトの中から、自動売買の仕組みを選ぶだけで完了します!

上が自動売買セレクトのスマホ画面になります。

銘柄が、直近のリターン順(パフォーマンスが良い順)に並んでいますので、基本はこの上位の銘柄を選べばパフォーマンスは申し分ないです!

 

私はこの銘柄の中でも、ナスダック100トリプル_スリーカードを現在運用しております。

ナスダック100とは、ナスダックに上場する、金融銘柄を除く、時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数である。(Wikipediaより)

つまりナスダック100という指数に連動しているETFを自動売買する仕組みになります。

 

『ナスダック100トリプル_スリーカード』を私が選んでいる理由は、リターンが単純に良いからです!

 2018年8月時点で、リターン率は基本的に60%前後を記録しており、日々のパフォーマンスも申し分ないです!

f:id:KazukiTanoue:20180829202846j:plain

これは直近のナスダック100トリプル_スリーカードの成績になるのですが、安定して利益を出してくれています!

ちなみに、トライオートETFの運用には20万円を口座に入金しての成績なので、月の利回りは8050÷200,000×100=4.025%なので、4%を超える数字となっています! 

 

トライオートETFを運用する際の必要証拠金は一目瞭然

必要証拠金とは、その取引に必要な資金のことで、トライオートETFではこの必要証拠金は注文時にすぐ分かるようなっています!

下記が、ナスダック100トリプル_スリーカードを注文する際に、出てくる注文画面になります!(パソコン画面)

f:id:KazukiTanoue:20180829205925j:plain

この画面では、実際に私が運用している口数で設定されています。

私は、現在ナスダック100トリプル_スリーカードを5口運用していまして、推奨証拠金より少し多い20万円を口座に入れています!

 

ちなみに、画面上の口数を変更することによって、下の推奨証拠金が変わるので、あなたの運用予算に合わせて口数を選べばよいだけとなっています。

これはとても簡単ですよね( ^ω^ )

 

なぜ一番リターンの高いナスダック100トリプル_ライジングを選んでいないか

先ほどの自動売買セレクトの欄を見たときに、

「あれ、なんで一番リターンの大きいナスダック100トリプル_ライジングを選ばないのかな?」

と思った人もいるかと思います。

f:id:KazukiTanoue:20180829211336j:plain

その理由は、ライジングはナスダックが上昇局面においてはパフォーマンスが抜群なのですが、 逆に下落期には大きな損失が出る可能性があるからです。

世の中いいことばかりはないんですね(笑) 

逆にスリーカードは、上昇局面にも強いし、下落局面にもある程度対応しているので、バランス型の銘柄と言っていいでしょう!

この理由から、私はスリーカードを中心に運用しています。

ナスダックはここ8年くらいは、堅調に上昇傾向ですが、いつリーマンショック級の下落があるか分かりませんからね(^_^;)

 

細かい違いを知りたい方は、トライオートETFを運営しているインヴァスト証券の公式ブログで説明した記事があるので、そのリンクを貼っておきます。

徹底比較!ライジングとスリーカードはどう違う?

正直かなり難しい内容なので、後半の「違いまとめ」だけ読んでもいいかもしれません(笑)

 

ただし、上昇局面ではライジングは凄まじいパフォーマンスを発揮するので、スリーカードとライジングを上手くミックスする方法の記事も書いています!

 

トライオートETFの選び方まとめ

今回この記事を読んでもらって、トライオートETFの銘柄選びはとても簡単だということが分かったかと思います!

自動売買セレクトの中から、自分が狙いたいリターンの銘柄を選んで証拠金を口座に入金するだけで運用が開始できます。

私は、『スリーカード』でこれからも運用をする予定ですが、積極的な運用を狙いたい人は『ライジング』での運用ももちろんありだと思います!

最後に、8月末の私の口座状況を載せておきます。

f:id:KazukiTanoue:20180829214242j:plain

20万円だった証拠金が、211,605円まで増えています!

利益は11,605円です!

運用期間は約1ヶ月なので、トライオートETFの利益率の凄まじさが分かるかと思います! 

もし、余った資金でのほったらかし運用を考えているのでしたら、ぜひこのトライオートETFを検討してみてください!

トライオートETF公式ページ